Knowledge for Well-being

アドミッション・ポリシー/カリキュラム・ポリシー/ディプロマ・ポリシー

人間総合科学大学 教育研究上の目的

人間総合科学大学

―よりよく生きるための知恵(Knowledge for well-being)の創出-
人間総合科学大学(以下「本学」という)は、教育基本法及び建学の精神に基づき、深く人間を理解し、自立と共生の心を培い、時代を切り拓く新しい展望と視座に立って、わが国の発展、国際社会に貢献しうる創造性豊かな活力あふれる人材の育成を目的とする

大学院 人間総合科学研究科

人間総合科学大学大学院は、人間総合科学大学の教育の目的に則り、「人間」をさらに学際的・統合的に追究し、より深い専門的知識を持ち研究できる人材を育成することを目的とする。

人間科学部

人間に対する深淵な教養を基に、自立と共生の精神をもって、人々の食と栄養、心身の健康に関する多様な職業や社会の発展に貢献できる人材の育成を目的とする。

  • 心身健康科学科

    心身健康科学科では、「こころ」「からだ」「環境・社会」の側面から、科学的な「人間の総合的理解」「心身の相関性の理解」を基盤に、心身ともに健康で豊かに暮らせる社会構築を支援できる人材の養成を目的とする。

  • 健康栄養学科

    健康栄養学科では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を基盤に、人間・生活と「栄養・食」との係りを科学的・統合的視点から追求し、健康や医療に係る様々な場面において、管理栄養士として活躍できる人材の養成を目的とする。

  • ヘルスフードサイエンス学科

    ヘルスフードサイエンス学科では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を基盤に、「食」と「栄養」に関する科学と「フードビジネス」について幅広く学び、健康で豊かに暮らすことができる社会を創造できる人材の養成を目的とする。

保健医療学部

人間に対する深淵な教養を基に、自立と共生の精神をもって、保健医療に関する職業や社会の発展に貢献できる人材の育成を目的とする。

  • 看護学科

    看護学科では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を基盤に、看護学の基礎的な知識と実践応用能力を修得し、生涯にわたり看護師に必要となる資質と能力を身につけ、関連職種と連携・協働しながら、人々の健康の維持・増進、疾病の予防を支援する人材の養成を目的とする。

  • リハビリテーション学科 理学療法学専攻

    リハビリテーション学科理学療法学専攻では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を基盤に、理学療法学の基礎的な知識と実践応用能力を修得し、理学療法士に必要となる資質と能力を身につけ、関連職種と連携・協働しながら、運動機能や生活機能の回復、日常生活動作の改善を支援する人材の養成を目的とする。

  • リハビリテーション学科 義肢装具学専攻

    リハビリテーション学科義肢装具学専攻では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を基盤に、義肢装具学の基礎的な知識と実践応用能力を修得し、義肢装具士に必要となる資質と能力を身につけ、関連職種と連携・協働しながら、身体に適合する義肢・装具や福祉用具の提供をもって、人々の生活を支援する人材の養成を目的とする。

アドミッション・ポリシー

人間科学部

人間科学部では、教育の目的に理解と共感を持ち、次のような資質を有した人材を受け入れる。

  1.  専門的知識・技能の修得に積極的に取り組むことができる人
  2.  健康や医療に関する職業等を通じて主体的に社会的課題の解決に努力できる人
  3.  自身の将来に対する目標を持ち、他者と協働しながら、多様な学修経験を通じて成長できる人
  4. 人間に関する様々な事象に関心を持ち、総合的、科学的に理解を深めることに努力できる人
  • 心身健康科学科 アドミッション・ポリシー

    心身健康科学科では、大学および学部の教育研究上の目的を踏まえて、次のような資質を有した人材を受け入れる。

    1. 「こころ」「からだ」「環境・社会」の学びに関心のある人
    2. 自らの生活や職業に対して、学修成果を活用したいという意欲を有する人
    3. 学際的に人間を探究することに関心を有する人
    4. 心身の健康に関心を持ち、新たな視座と創造性をもって社会に貢献することを希望する人
  • 健康栄養学科 アドミッション・ポリシー

    健康栄養学科では、大学および学部の教育研究上の目的を踏まえて、次のような資質を有した人材を受け入れる。

    1. 健康・栄養に関する学びに関心がある人
    2. 管理栄養士としての専門知識と技能を身につけたいと希望する人
    3. 他者との協働によって学びを深め、様々な学修経験を通じて自身の成長に努力できる人
    4. 心身の健康に貢献できる管理栄養士に関心を持つ人
  • ヘルスフードサイエンス学科 アドミッション・ポリシー

    ヘルスフードサイエンス学科では、大学および学部の教育研究上の目的を踏まえて、次のような資質を有した人材を受け入れる。

    1. 食品・栄養に関する幅広い学びに関心がある人
    2. 食・栄養分野において自身の関心に沿った専門知識と技能を身につけたいと希望する人
    3. 他者との協働によって学びを深め、様々な学修経験を通じて自身の成長に努力できる人
    4. 心身の健康について食・栄養の側面から貢献したいと希望する人

保健医療学部

保健医療学部では、教育の目的に理解と共感を持ち、次のような資質を有した人材を受け入れる。

  1. 専門的知識・技能の修得に積極的に取り組むことができる人
  2. 健康や医療に関する職業等を通じて主体的に社会的課題の解決に努力できる人
  3. 自身の将来に対する目標を持ち、他者と協働しながら、多様な学修経験を通じて成長できる人
  4. 間に関する様々な事象に関心を持ち、総合的、科学的に理解を深めることに努力できる人
  • 看護学科 アドミッション・ポリシー

    看護学科では、大学および学部の教育研究上の目的を踏まえて、次のような資質を有した人材を受け入れる。

    1. 看護に関する学びに関心がある人
    2. 看護師としての専門知識と技能を身につけたいと希望する人
    3. 他者との協働によって学びを深め、様々な学修経験を通じて自身の成長に努力できる人
    4. 心身の健康に関心を払い、看護職として社会に貢献したいと希望する人
  • リハビリテーション学科 理学療法学専攻 アドミッション・ポリシー

    リハビリテーション学科理学療法学専攻では、大学および学部の教育研究上の目的を踏まえて、次のような資質を有した人材を受け入れる。

    1. リハビリテーション及び理学療法学に関する学びに関心がある人
    2. 理学療法士としての専門知識と技能を身につけたいと希望する人
    3. 他者との協働によって学びを深め、様々な学修経験を通じて自身の成長に努力できる人
    4. 心身の健康に関心を払い、理学療法士として社会に貢献したいと希望する人
  • リハビリテーション学科 義肢装具学専攻 アドミッション・ポリシー

    リハビリテーション学科義肢装具学専攻では、大学および学部の教育研究上の目的を踏まえて、次のような資質を有した人材を受け入れる。

    1. リハビリテーション及び義肢装具学に関する学びに関心がある人
    2. 義肢装具士としての専門知識と技能を身につけたいと希望する人
    3. 他者との協働によって学びを深め、様々な学修経験を通じて自身の成長に努力できる人
    4. 心身の健康に関心を払い、義肢装具士として社会に貢献したいと希望する人

カリキュラム・ポリシー

人間科学部

人間科学部では、次の方針に基づいて教育課程を編成する。

  1. 専門的知識・技能と物事に対する幅広い視点や理解を得る
  2. 人間に係る科学を学際的に統合し、人間の総合的理解、心身の相関性の理解を現代社会に応用できる能力を得る
  3. 様々な専門知識を統合し、自身や社会、職業上の問題関心と関連付けて問題解決を図る能力を得る
  4. 多様な学修経験・方法を通じて、専門的職業人および社会の一員として、自立と共生のこころを培う
  5. 現代社会、企業で活かすことのできる、AI・データサイエンスの基礎力(リテラシーレベル)を得る
  • 心身健康科学科 カリキュラム・ポリシー

    心身健康科学科では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下の方針の基、教育課程を編成する。

    1. 人間の「こころ」「からだ」「環境・社会」の相互関係と、健康で幸福な社会の実現に貢献するために必要な学 識を修得するために「コア科目」を設ける
    2. 総合的、学際的に人間を理解するために「分野別科目」として、「こころとからだの関係」「いのちと健康のし くみ」「環境・社会と人間」「未来と人間」の4分野を設ける
    3. 社会生活の中に存在する課題や関心領域のテーマに、学際的、総合的な観点からアプローチし、科学的知識を応 用することによって問題解決を図る能力を修得するために、「総合演習」を設ける
  • 健康栄養学科 カリキュラムポリシー

    健康栄養学科では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下の方針のもと、教育課程を編成する。

    1. 人間と社会の諸側面について幅広い知識を身につけるための基礎科目を設ける
    2. 現代社会で活躍できる管理栄養士としての専門知識と技能を身につけるための専門基礎、専門科目を設ける
    3. 管理栄養士として必要なコミュニケーションスキルを身につけ、他者との協働によって学びを深め、学生の主体的な成長を促すための実習・演習科目を設ける
    4. AI/データサイエンスの基礎力(リテラシーレベル)を社会や職場で活用できる能力を身につけるための科目を設ける
  • ヘルスフードサイエンス学科 カリキュラムポリシー

    ヘルスフードサイエンス学科では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下の方針のもと、教育課程を編成する。

    1. 人間と社会の諸側面について幅広い知識を身につけるための基礎科目を設ける
    2. 食・栄養に関する専門的知識・技能を学修するための専門基礎、専門科目を設ける
    3. 食・栄養に関連する様々な職業、職種で発揮できるコミュニケーションスキルを身につけ、他者との協働によって学びを深め、学生の主体的な成長を促すための実習・演習科目を設ける
    4. AI/データサイエンスの基礎力(リテラシーレベル)を社会や職場で活用できる能力を身につけるための科目を設ける

保健医療学部

保健医療学部では、次の方針に基づいて教育課程を編成する。

  1. 専門的知識・技能と物事に対する幅広い視点や理解を得る
  2. 人間に係る科学を学際的に統合し、人間の総合的理解、心身の相関性の理解を現代社会に応用できる能力を得る
  3. 様々な専門知識を統合し、自身や社会、職業上の問題関心と関連付けて問題解決を図る能力を得る
  4. 多様な学修経験・方法を通じて、専門的職業人および社会の一員として、自立と共生のこころを培う
  5. 現代社会、企業で活かすことのできる、AI・データサイエンスの基礎力(リテラシーレベル)を得る
  • 看護学科 カリキュラムポリシー

    看護学科では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下の方針のもと、教育課程を編成する。

    1. 「看護」を必要とする対象者(人間)について、多面的・総合的に理解するための基礎科目を設ける
    2.  科学的根拠に基づいた知識および高い倫理観を持った看護師の育成に必要な専門基礎、専門科目を設ける
    3.  看護師として必要とされるコミュニケーション能力を身につけ、他者との協働によって学びを深め、学生の主体的な成長を促すための実習・演習科目を設ける
  • リハビリテーション学科 理学療法学専攻 カリキュラムポリシー

    リハビリテーション学科理学療法学専攻では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下の方針のもと、教育課程を編成する。

    1. 理学療法を必要とする対象者(人間)について、多面的・総合的に理解するための基礎科目を設ける
    2. 科学的根拠に基づいた知識および高い倫理観を持った理学療法士の育成に必要な専門基礎、専門科目を設ける
    3. 理学療法士として必要とされるコミュニケーション能力を身につけ、他者との協働によって学びを深め、学生の主体的な成長を促すための実習・演習科目を設ける
  • リハビリテーション学科 義肢装具学専攻 カリキュラムポリシー

    リハビリテーション学科義肢装具学専攻では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下の方針のもと、教育課程を編成する。

    1. 義肢装具を必要とする対象者(人間)について、多面的・総合的に理解するための基礎科目を設ける
    2. 科学的根拠に基づいた知識および高い倫理観を持った義肢装具士の育成に必要な専門基礎、専門科目を設ける
    3. 義肢装具士として必要とされるコミュニケーション能力を身につけ、他者との協働によって学びを深め、学生の主体的な成長を促すための実習・演習科目を設ける

ディプロマ・ポリシー

人間科学部

人間科学部では、人間の総合的な理解を基に、人々の健康に関する多様な職業について、自立と共生の精神をもって自身のキャリアを形成できる能力を身につけたものに学位を与える。各学科のディプロマ・ポリシーで具体的に示されている①知識・技能、②汎用的技能、③態度・志向性、④総合的な学修経験と創造的思考力を身につけたものに学位を授与する。

  • 心身健康科学科 ディプロマ・ポリシー

    心身健康科学科では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下に掲げる能力を持った学生に学位を授与する。

    1. 人間と社会の諸側面について、「こころ」「からだ」「環境・社会」のそれぞれの領域に関する専門知識を持っていること
    2. 専門的知識を自身や社会・職業上の問題関心と有機的に関連付けて問題を解決する能力を身につけていること
    3. 「こころ」「からだ」「環境・社会」の統合的・学際的な知識を持っていること
    4. 現代社会と今を生きる人間に深い関心を持ち、新しい展望と視座に立って、心身ともに健康で豊かに暮らすことができる社会の構築に寄与できる能力を身につけていること
  • 健康栄養学科 ディプロマポリシー

    健康栄養学科では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下に掲げる能力を持った学生に学位を授与する。

    1. 人間と社会の諸側面について幅広い知識を持ち、健康が心理・環境・社会的側面と密接に関わることを理解していること
    2. 現代社会で活躍できる管理栄養士としての専門知識と技能を身につけていること
    3. 管理栄養士として他職種の人々との円滑な連携の中で力を発揮できる専門知識とコミュニケーションスキルを身につけていること
    4. AI/データサイエンスの基礎力(リテラシーレベル)を社会や職場で活用できる能力を身につけていること
  • ヘルスフードサイエンス学科 ディプロマポリシー

    ヘルスフードサイエンス学科では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下に掲げる能力を持った学生に学位を授与する。

    1. 人間と社会の諸側面について幅広い知識を持ち、「食」が身体の健康と心理・環境・社会的側面と密接に関わることを理解していること
    2. 食と栄養に関する専門知識と技能に加えて、人々の健康を「食・栄養」と「フードビジネス」の側面から支援する能力を身につけていること
    3. 食と栄養のゼネラリストとして、多様な職種、地域の人々との円滑な連携の中で力を発揮できる専門知識とコミュニケーションスキルを身につけていること
    4. AI/データサイエンスの基礎力(リテラシーレベル)を社会や職場で活用できる能力を身につけていること

保健医療学部

保健医療学部では、人間の総合的な理解と心身相関の理解を基に、保健医療に関する職業について、自立と共生の精神をもって自身のキャリアを形成できる能力を身につけたものに学位を与える。各学科のディプロマ・ポリシーで具体的に示されている①知識・技能、②汎用的技能、③態度・志向性、④総合的な学修経験と創造的思考力の能力を身につけたものに学位を授与する。

  • 看護学科 ディプロマポリシー

    看護学科では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下に掲げる能力を持った学生に学位を授与する。

    1. 「看護」を必要とする対象者(人間)について、心理・身体・環境・社会的側面から多面的・総合的に理解できる知識を修得していること
    2. 「看護」を科学的根拠に基づいて実践できる基本的知識と技術を、保健・医療・福祉・介護・教育などの分野において汎用できること
    3. 看護職として、人間の尊厳を守り高い倫理観に基づき、他の専門職と連携・協働するための力を発揮できること
    4. 看護職として看護の質の向上へ向けグローバルな視点を持つと共に、社会の変化と進展に伴う多様な健康課題に対応するため、生涯にわたり自ら学び続ける素養と意志を持っていること
  • リハビリテーション学科 理学療法学専攻 ディプロマポリシー

    リハビリテーション学科理学療法学専攻では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下に掲げる能力を持った学生に学位を授与する。

    1. 「理学療法」を必要とする対象者(人間)について、心理・身体・環境・社会的側面から多面的・総合的に理解できる知識を修得していること
    2.  「理学療法」を科学的な根拠に基づいて基本的な専門知識と技能を、保健・医療・福祉・介護・教育などの分野において汎用できること
    3. 理学療法士として、人間の尊厳を守り高い倫理観に基づき、他の専門職と連携・協働するための力を発揮できること
    4. 理学療法士として、理学療法の質の向上へ向けグローバルな視点を持つと共に、社会の変化と進展に伴う多様な健康課題に対応するため、生涯にわたり自ら学び続ける素養と意志を持っていること
  • リハビリテーション学科 義肢装具学専攻 ディプロマポリシー

    リハビリテーション学科義肢装具学専攻では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下に掲げる能力を持った学生に学位を授与します。

    1. 「義肢装具」を必要とする対象者(人間)について、心理・身体・環境・社会的側面から多面的・総合的に理解できる知識を修得していること
    2.  「義肢装具」を科学的な根拠に基づいて基本的な専門知識と技能を、医療・福祉・介護・研究などの分野において汎用できること
    3. 義肢装具士として、人間の尊厳を守り高い倫理観に基づいて、多職種間の連携・協働に貢献できること
    4. 義肢装具士として、義肢装具の質の向上へ向けグローバルな視点を持つと共に、社会の変化と進展に伴う多様な健康課題に対応するため、生涯にわたり自ら学び続ける素養と意志を持っていること