Knowledge for Well-being

卒業生インタビュー

私が人間総合科学大学を選んだ理由をお話しします

表面的に捉えていた人間という存在が立体的に捉えられるようになり、自分自身への理解も深まりました。

2022年3月卒業/岡戸 春菜さん<br /> 職業:フリーター/年齢:20代<br /> 1年次入学 2022年3月卒業/岡戸 春菜さん
職業:フリーター/年齢:20代
1年次入学

① なぜ人間総合科学大学に入学しようと思ったのですか?

私は中学時代に起立性調節障害という身体的な疾患を患い、学校に通えなくなりました。当時はまだまだ起立性調節障害が世間で認知されておらず、大変苦労したことを覚えています。その後、通信制の高校に進学しましたが、高校時代では強迫性障害という精神的な疾患を抱えることになりました。しかしこれらの体験から、私は身を持って“心身相関”ということを実感し、また人間のこころとからだについて興味を持つようになりました。

当初は大学進学を考えていませんでしたが、こころ・からだ・文化(環境)の3つの側面から人間を統合的に考える本学の建学の精神と、その中でも心身健康科学科の通信制という形に魅力を感じ、入学を決めました。

②人間総合科学大学で学んでよかったと思うことは?

私は自分自身の体験から、こころとからだを二元論的に分けて考えるのではなく統合的に考えるのが適切で、「こころ」や「からだ」というのはあくまでも観点の違いであり、人間を見つめることには変わりないのだと考えていました。その上で、それぞれの知識を深め、広い視野で人間を捉えたいと思った際に本学に出会い、人間のこころとからだを心身相関という観点で捉え、なおかつその背景となる文化の側面も合わせて考えていくといった学びを進めるうちに、表面的に捉えていた人間という存在が徐々に立体的に捉えられるような実感を持つようになりました。

また、同時に自分自身への理解も深まるようになりました。私は本学で、このような人間をより深く理解するための学びを進められて本当に良かったです。

③学修を進める上で苦労したことと、それをどのように工夫したかを教えてください

通信教育自体は私自身高校時代に経験してきましたが、大学ではより専門的な内容を扱うので、なかには分からない点や難しいと感じる点もありました。 そんな時は、担当教員の先生や事務局へ質問をするなど、自律した行動を心がけました。幸い本学にはインターネットを介して質問ができるため、時間や曜日問わず質問ができて大変ありがたかったです。

また、自分自身で分からない点は受講後に調べ、テキストに書き込み、それらを何度か繰り返してから科目修了試験に臨むなど、自主的な学びを続けていきました。

④これから入学を検討している方にアドバイスをお願いします

新型コロナウィルスの影響もあり、当初予定したとおりには学びを進められなかった部分もありました。そのため、私は一度も本学のキャンパスに足を踏み入れ たことがありませんが、私は4年間の学びを振り返り、誰かと比べることなく、「よくここまでやった」と自分に言うことができます。 またコロナ禍で、複雑な事情から学びを続けることを諦めようとしている方もいらっしゃるかもしれません。しかし可能であるのなら、ぜひご自身の気持ちに沿 って学びを進めていただけたらなと思います。知識は、体験を通して知恵に変わるはずです。

私自身卒業後の活動はまだ模索中ですが、私が体験したことを本学 で得た知識とかけ合わせ、よりよく生きるための知恵に変えることで、少しでも人々のこころ・からだ・文化(環境)に寄り添う人間として生きていきたいと考 えています。同じような気持ちで本学への入学を考える貴方様が、よりよく生きるための学びをスタートされ、小さくとも力強いその一歩を進められることを祈ります。

これからも看護師として働く自分にとって、大きな励みになると感じています。

2021年3月卒業/栗原 幸子さん<br /> 職業:看護師/年齢:60代<br /> 1年次入学 2021年3月卒業/栗原 幸子さん
職業:看護師/年齢:60代
1年次入学

①なぜ人間総合科学大学に入学しようと思ったのですか?

大学病院で正看護婦として働く20 代後半に、大学へ進みたいと考えていました。しかし、35歳で結婚、出産と続き10年間看護職から離れていました。45歳で仕事に復帰し、忙しく働く中で2011年3月11日東日本大震災が起き、自分の家族や親戚、友人が被災しました。

そんな中で、人の心に寄り添う為には自分自身が文化や社会、人間を理解する事を学ぶことが必要と考えるようになりました。60歳目前になり、これが最後のチャンスと考えネットで大学を検索し本学のこころ・からだ・文化(環境)の統合的な学びがインターネットで学べる大学と知り本学に入学しました。

②人間総合科学大学で学んでよかったと思うことは?

異なる職種や色々な年代の学友ができた事。良い影響と刺激を頂きました。また インターネット授業を受けた先生に会場スクーリング授業でお会いした時に、初対面さを感じず話しやすい先生方ばかりで、楽しい大学生活を送ることが出来ました。

大学で学ぶ中、学長が示された「知識はやがて生きる知恵に、こころとなって勇気となる…」という言葉を実感する機会を持つ事が出来ました。これからも看護師として働く自分にとって、これからも大きな励みになると感じています。

③学修を進める上で苦労したことと、 それをどのように工夫したかを教えてください

課題レポートをまとめる時に、家族が在宅する自宅では集中する事が出来ず、仕事帰りにカフェの奥のテーブルでまとめていました。コロナ禍では土、日曜日に仕事を入れ、家族の不在の平日に休みを取ってレポートをまとめたり、試験を受けていました。

④これから入学を検討している方にアドバイスをお願いします

学びは何歳になっても可能です!

わからないことなども先生や大学事務局へメール等で相談することができます。他大学でうまくいかなかった人も、人間総合科学大学だとクリアできると思いますので、是非チャレンジして欲しいと思います!