認定心理士を目指す方へ:「こころ」について学びたい

おすすめポイント1:ユニークな学び
「こころ」だけでは物足りない:
「人間」を深く理解できる認定心理士を目指す

本学では心理学の専門的な学修に加え、人間そのものを総合的・統合的に学ぶユニークな学修を展開します。


なぜなら、心理学は人間の一つの側面(部分)に着目した学問であるため、皆さんが日常的に接する「人(間)」そのものの理解には、心理学と同時に、「からだ」やその環境である「文化」との関係も併せて理解することが必要だと考えているからです。

本学では、ただの「認定心理士」ではなく、心理学の専門知識を活用して、「人間をより深く理解できる認定心理士」を目指すことができます。

「人間そのものを総合的・統合的に学ぶ」とはどういうこと?
詳しく知りたい方は、下のスライドも併せてご覧ください。



おすすめポイント2:学びやすさ
認定心理士の挫折ポイント「統計学」:
教員へ直接質問できる学修システムが強力にサポートします

皆さんは「平均」を計算することができますか。すべてを足して、同じ数で割る、この作業はだれでも経験したことがあるでしょう。大学で勉強する「統計学」もこの平均の求め方から学修が始まります。ただし、「すべての数を足して…。」とは書いていません。教科書には次のような式が登場し、難しい説明が始まります。


「なぜ心理学で統計の話をするの?」と思われる方も多いでしょう。実は、この統計学は心理系の資格を取るためには避けて通ることができない重要な科目なのです。また、心理系の資格取得を目指して挫折するのもこの統計学がきっかけという方が多いようです。数学が苦手な方に限らず、自分で調べて理解するという独学での学修はとても大変です。

しかし、本学では担任制や各科目の教員へ質問できるウェブ上のシステム(UHAS@MyCampus)によって、わからないところを何度も質問をしながら教わることができます。しかも、郵便ではないため回答も迅速です。事務職員やアドバイザーではなく、学修内容の質問は、教員が皆さんの質問に答えるというところが本学の特色です。


統計学に限らず、たった数科目の苦手科目によって学修を途中で挫折してしまうことも多い通信教育ですが、本学では教員が皆さんの学修をしっかりとサポートさせていただきます。

おすすめポイント3:多彩な科目と豊富な資格
養護教諭の資格も併せて取得可能

一般的な心理系科目も豊富にそろえていますが、「脳科学」や「人間観」という「からだ」や「文化」の視点から「こころ」を考える科目も多数開設しています。皆さんの興味と関心に応じて自由に学びを組み立てることができます。
また、養護教諭等との資格も併せて取得することができます。