教員紹介

島田 凉子

島田 凉子

教授

島田 凉子

(しまだ りょうこ)

担当科目

「こころの科学」

メッセージ

心理学は、先ず何よりも自分自身を理解することに役立ちます。同じ出来事があったとしても、人それぞれ受け取り方は違います。感じ方、考え方、行動の選び方は皆違っていて、誰もがユニークです。一人ひとりが持って生まれた個性と育った環境の相互作用によって身につけた癖を持っていることに気づかなければ、自分はこう思うのに、なぜこの人は違うのかということが理解できません。すると、コミュニケーションもうまくいきません。皆さんは管理栄養士となって栄養指導などをする仕事に就かれるものと思います。そのときに、自分の癖を理解し、目の前の人の癖を理解する術を学んでおくことは大変有効だと思います。

主な経歴

日本交流分析学会認定交流分析士・研修スーパーバイザー、国際TA協会認定準教授会員(PTSTA) ・101インストラクター、東邦大学医学部客員講師

学歴

東京女子大学大学院修士課程文学研究科哲学専攻(文学修士)、東邦大学大学院博士課程医学研究科修了(医学博士)

論文・著書

【論文】
島田凉子ほか:抑うつとパーソナリティの関係についての研究~交流分析の視点から:交流分析研究:第35巻(第2号)、46-52,2010
島田凉子:治療における「無気味なもの」との遭遇―関係性交流分析からの検討―:交流分析研究:第36巻(第2号)、30-38,2011
島田凉子:関係性交流分析~無意識の探求:心身医学:第51巻(第11号)、1018-1023,2011
島田凉子:悲哀・喪とラケット感情:交流分析研究:第38巻(第1号)、29-37,2013.
ほか

【著書】
『ケースに学ぶ心理学~交流分析のサイコセラピー』(単著 新興医学出版社)
『心身症と心理療法』(分担執筆 新興医学出版社)
『フロイト全著作解説』(共訳 人文書院)
『交流分析 〜心理療法における関係性の視点』(共訳 日本評論社)
『交流分析事典』(共訳 実務教育出版社)
ほか

所属学会

日本心身健康科学会、国際TA協会、日本交流分析学会、日本TA協会、日本精神分析学会、日本心理臨床学会、日本心身医学会、日本集団精神療法学会、他

ページトップへ