カリキュラム

本学科では人間の総合的理解を土台とし、管理栄養士に必要な専門知識を着実に修得するためのカリキュラムが組まれています。

基礎分野

本学の核となる4科目を学び、人間について複数の視点から総合的に理解します。その他、家庭、社会、文化など幅広い領域の科目を学びます。

専門基礎分野

高度な専門知識と技術を学んでいく上での基礎知識を修得します。主に3つのテーマに沿った科目を学びます。

専門分野

多数の実習・実験科目を交えながら「栄養と食」に関する高度な専門知識と技術を修得します。

臨地実習

実践活動の場で、修得した知識・技術を実践に結びつけます。分析、立案、地域や機関との連携、チームワークなども学びます。

管理栄養士総合演習

専門分野を横断して、今までの学修を統括します、各専門分野間の関連性を理解し、総合力想像力を養います。

卒業研究

自らの研究テーマを身につけ、総合的に研究することにより、問題解決能力を高めます。計画設定、文書作成など、多岐に渡る実践力を身につけます。

区分 1年次 2年次 3年次 4年次
ノートのとり方やレポート作成など大学で学ぶ基礎能力を身につけ、栄養や身体の構造など管理栄養士としての基礎となる教養を学びます。 給食実習など実践的な学びがスタートします。食と栄養・健康との関わり、薬膳、病気についての知識など、医療分野の学習が増えます。 カウンセリングなどより専門分野の科目、教職のための科目も配されます。給食センターや保健所などでの臨地実習も行われます。 「卒業研究」では自らテーマを見つけて総合的に研究し、問題解決能力を高めます。また国家試験対策の授業では、これまでの学習の統括をします。
授業科目名 授業科目名 授業科目名 授業科目名
基礎分野   心身健康科学概論
生命科学概論
コミュニケーション演習
こころの科学
生物学基礎
化学基礎
英語基礎
体育概論
コンピュータ入門
行動科学概論
管理栄養士基礎演習Ⅰ
スポーツと健康
管理栄養士基礎演習Ⅱ
食品発酵学*
管理栄養士基礎演習Ⅲ
食文化論
食養生論・薬膳論*
統計学
食品発酵学*
発達心理学と環境 *
管理栄養士基礎演習Ⅳ
精神保健
管理栄養士基礎演習Ⅴ
文明科学概論
職業とキャリア形成  
専門基礎分野 社会・環境   生活と環境 からだと健康* 公衆衛生学Ⅰ
人体・疾病 身体の構造と機能Ⅰ
身体の構造と機能Ⅱ
身体の構造と機能Ⅲ
生化学Ⅰ
生化学Ⅱ
身体の構造と機能Ⅳ
身体の構造と機能Ⅴ
身体の構造と機能Ⅵ
病気の成り立ちⅠ
解剖生理学実習
生化学実験
病気の成り立ちⅡ
細胞と遺伝子*
臨床医科学入門
脳科学*
感染症学*
免疫学(アレルギー)
 
食べ物と健康 食品学総論
食品学各論
食の科学
調理学実習Ⅰ
食品学実験Ⅰ
食事計画実習
食品管理論
調理学
調理学実習Ⅱ
食品衛生学
食品衛生学実験
食品学実験Ⅱ
食環境生産教育実習*
 
専門分野 基礎栄養 栄養と代謝 栄養生理化学 栄養代謝実験  
応用栄養   栄養学各論Ⅰ
応用栄養学実習
栄養学各論Ⅱ
栄養アセスメント論  
栄養教育   栄養教育論Ⅰ 栄養教育論Ⅱ
栄養教育実習Ⅰ
カウンセリング論
栄養教育実習Ⅱ
カウンセリング実習
 
臨床栄養   臨床栄養学Ⅰ 臨床栄養学Ⅱ
臨床栄養学実習Ⅰ
臨床栄養学Ⅲ
臨床栄養学実習Ⅱ
介護予防と栄養
公衆栄養   公衆栄養学Ⅰ
公衆栄養学Ⅱ
公衆栄養学実習
地域栄養学演習
 
給食経営   給食経営管理論
給食経営管理実習
フードマネージメント論  
総合演習       管理栄養士総合演習
臨地実習     臨地実習(給食運営・給食経営管理・臨床栄養・公衆栄養学)
卒業研究     卒業研究
共通科目 国際研修*
ボランティア活動*
教職 栄養教諭 一種     学校栄養指導論Ⅰ
学校栄養指導論Ⅱ
栄養教育実習

*は選択科目

授業紹介

授業は少人数のクラス担任制で、医療現場をはじめとする臨床に強い管理栄養士を育成するための科目をそろえています。

心身健康科学概論 (1年次・前期)

人間のこころと身体の相互作用(心身相関)を理解し、人間が「よりよく生きる」ための知恵を考えていきます。

また脳を含む神経細胞の特徴についても学び、人間の健康を守る管理栄養士の心構えとして、正常な人体に関する知識を身につけます。

食文化論(2年次・後期)

食文化の形成の背景で絡み合う宗教、風習、時代背景などの文化的要素に注目し、現代の食生活の問題を読み解いていきます。さらに学生個々の食文化や体験などについての発表も行います。

臨床栄養学Ⅱ(3年次・前期)

チーム医療の一員としての管理栄養士の役割を理解したうえで、さまざまな疾病の原因と病態を理解し、疾患別の栄養ケアプラン、アセスメントの立案・実施について実践的に学びます。

介護予防と栄養(4年次・前期)

高齢者の健康管理を考える上では臨床医学的な視点だけでなく文化やライフスタイルなどの知識が必要です。高齢者の健康問題の本質を理解し、健康の維持・促進および介護予防について学びます。

シラバス

実習

調理学実習Ⅰ・Ⅱ

調理のポイントを科学的に捉え、より高度な調理の基礎と応用の技術を理解・修得し、上手に作るコツを見定める力も養います・和・洋・中国様式献立を把握し、調理指導ができる知識も修得します。

給食経営管理実習

給食管理の理論・栄養学・食品学・調理学などの知識を活かして、特定集団を対象とした、食事計画・食材管理・大量の調理の方法・調理作業の効率と実際、また施設・設備・栄養管理を実習します。

臨床栄養学実習Ⅰ・Ⅱ

病態による食事管理の原則やポイント、また栄養基準とその適応の実際を学び実習します。献立作成から調理実習に展開する技術により、臨床場面における栄養補給を施行する方法を身につけます。

実験

生化学実験

講義で得た知識を、体験によって生きた知識として把握し、栄養学の実習に必要な基礎的技能を修得します。試薬の成分、性質を理解し、生体内でおこる化学反応の機構を実験により理解していきます。

食品衛生学実験

培地の調理法、減菌法、グラム染色法、顕微鏡観察など微生物を取り扱ったり観察する上で必要となる基礎的な操作技術を修得し、それをもとにして、実際の市販食品から細菌を単離したりします。

食品学実験Ⅰ

食品の水分量、たんぱく質量、脂質量、灰分量等の一般成分の分析を中心に、食品内にどんな成分が含まれているかを調べる定性分析やどの位の量が含まれているかを調べる定量分析などを通して、食品学への理解を深めます。

ページトップへ