カリキュラム

カリキュラムは基礎から実践までを系統的に学び、質の高い理学療法が実践できるよう、きめこまかく構成されています。

基礎分野

本学の核となる科目を学び、人間を多面的・統合的に理解します。

また、キャリア意識および自主的に学習する姿勢を身につけていきます。

専門基礎分野

理学療法士となるための基礎的医学的知識を学びます。

またリハビリテーションや福祉の領域における医療従事者としての役割なども学びます。

専門分野

理学療法の理論から実践までを系統的に修得していきます。

また自ら課題を見つけ、主体的に学んでいく態度も養います。

カリキュラム一覧

区分 1年次 2年次 3年次 4年次
基礎学力を身につけながら、人体の構造と機能について学びます。リハビリテーションの理念、基礎知識を学び専門職を目指す意識を高めます。 内科・神経内科・整形外科などさまざまな疾病の病態と治療、回復過程を学ぶ科目が配されます。医学的知識のさらなる向上を図ります。 リハビリテーション領域における医療識者として必要な知識を修得します。チーム医療における関連職種の業務を理解することも狙いとなります。 臨床実習では指導者の下、実際に治療を体験します。実習体験を通して気づいた課題から個々に研究テーマを決定し、卒業研究を行います。
授業科目名 授業科目名 授業科目名  授業科目名



コア 心身健康科学
生命倫理
ヒューマンⅠ ヒューマンⅡ ヒューマンⅢ
人間の理解 スポーツと健康*
心理学*
美術*
     
他者との共生 コミュニケーション演習
人間関係論*
法学*
コンピューター入門
倫理学
国際文化論*
英会話*
医療英語
岩槻の文化とものづくり*
ベトナム語*
ベトナム語* 教育学
英語文献購読*
ベトナム語*
ベトナム語*
専門的能力の基盤 職業とキャリア形成
論理的思考と表現法
数学基礎*
生物学基礎*
化学基礎*
物理学基礎
英語基礎*
統計学    






専門的能力の修得 生理学Ⅰ
生理学Ⅱ
解剖学Ⅰ
リハビリテーション概論
生理学Ⅲ
生理学実習
解剖学Ⅱ
解剖学実習 
解剖学実習
運動学
医学概論
公衆衛生学
運動学実習 
人間発達学
病理学
内科学
神経内科学Ⅰ
整形内科学
緩和医療学
人間工学
栄養学
神経内科学Ⅱ
小児科学
老年医学
精神医学
臨床心理学*
消毒法・感染症・救急救命
医用画像学概論
薬理学
看護学*
作業療法学
言語聴覚療法学
   
専門的能力の発展     国際保険医療論*
保険医療福祉専門職連携論
 




専門的能力の修得 基礎理学療法学
表面解剖と触診法 
理学療法総合演習Ⅰ 
理学療法評価学 
理学療法総合演習Ⅱ 
理学療法評価学演習Ⅰ
理学療法評価学演習Ⅱ
運動療法学
運動療法学演習
物理療法学
地域理学療法学
理学療法総合学演習Ⅲ
理学療法画像評価学
物理療法学演習 
義肢装具学
骨関節系理学療法学
神経系理学療法学
日常生活活動学
理学療法評価学演習Ⅳ
理学療法学見学実習
生体計測と運動分析*
理学療法臨床推論
義肢装具学演習
骨関節系理学療法学演習
神経系理学療法学演習
小児理学療法学
小児理学療法学演習
急性期理学療法学
スポーツ理学療法学* 
生活環境学
理学療法学総合演習Ⅴ
呼吸器系理学療法学
循環器系理学療法学
代謝系および癌理学療法
健康増進と予防理学療法*
理学療法学総合演習Ⅵ
理学療法評価学臨床実習
総合臨床実習Ⅰ
総合臨床実習Ⅱ 
理学療法学総合演習Ⅶ
地域理学療法学臨床実習
専門的能力の発展     徒手理学療法技術学
理学療法管理
理学療法指導論
医療経営論*
医療安全学
理学療法特論Ⅰ*
理学療法学研究法
卒業研究Ⅰ*
理学療法特論Ⅱ*
卒業研究Ⅱ*
共通科目 国際研修*
ボランティア活動*
※上記の科目は予定であり、変更となることがあります。*印は選択科目。

授業紹介

講義では人体についての解剖学的知識をはじめ、社会、文化、家庭など幅広い教養も同時に身につけていきます。

解剖学(1年次・通年)

理学療法を学習する上で、人体の構造についての解剖学的知識は必須です。骨、関節、靭帯、筋、神経系、内臓学、脈管学、感覚器学の分野ごとにその構造を深く理解していきます。

リハビリテーション概論(1年次・後期)

リハビリテーションの理念、考え方と医学的、社会的側面などを学びます。

個人や集団それぞれのQOL(生活の質)のあり方を理解し、チーム医療における理学療法士の役割とチームワークを学びます。

義肢装具学(3年次・前期)

四肢体幹機能障害、特に四肢の欠損に用いられる義肢・義足・神経障害による機能不全の軽減を目的とした装具について、解剖学的知識とバイオメカニクスを伴わせて学習します。

また装具の適応などの知識も習得します。

代謝系理学療法学(3年次・後期)

代謝のメカニズムについて学習し、その異常を理解します。

様々な検査や試験を行い、運動負荷時の心拍数、血圧、心電図の変化、自覚症状を確認し、結果を解釈し、代謝疾患、健康増進のための運動処方を身につけていきます。

シラバス

実習

神経系理学療法学実習

脳卒中片麻痺や脊髄損傷、その他中枢神経系疾患全般の運動療法の治療プログラムの実際を学生間で学習します。

起居動作、および立位・歩行訓練、姿勢保持・バランス訓練、歩行応用動作など機能を回復するために有効な方法を練習します。

理学療法評価学実習Ⅰ

生体計測・徒手筋力検査について、その実技を学生間で行い形態の計測を実施。

徒手筋力検査法では全身におよぶ筋の起始・停止を知り、それぞれの筋力を正確に判定できるようにします。

日常生活活動学実習

日常生活活動の運動学的観察・分析を学生相互による実技実習を含めた演習形式により学修します。

また日常生活活動の障害を模倣し、介助方法・動作練習方法・動作指導方法や必要な日常生活用具・自助具の使用方法について学びます。

主な実習先一覧

さいたま市立病院/松弘会 三愛病院/大泉生協病院/武蔵野台病院/関町病院/弘人会 中田病院/丸山記念総合病院/三愛会 埼玉みさと総合リハビリテーション病院/敬愛会 リハビリテーション天草病院/藤田会 西武川越病院/自治医科大学附属さいたま医療センター/邑楽館林医療事務組合/館林厚生病院/霞ヶ関南病院/富家病院/藤村病院/さいたま市民医療センター など


※上記は予定も含みますので、変更の可能性があります。

ページトップへ