研究活動上の不正行為の防止に関する規則

制定日:平成27年3月31日(理事長)
施行日:平成27年4月1日(理事長)

目的

第1条 この規則は、人間総合科学大学(以下「本大学」という。)における「人間総合科学大学.研究委員会規程.第8 (不正行為の防止)を受けて、本大学の研究活動上の不正行為を防止し、及び不正行為が行われ、またはその恐れのある場合に厳正かつ適切に対応するために必要な事項を定めることを目的とする。
2.研究活動上の不正行為の防止の実施の詳細については別途「人間総合科学大学.研究活動上の不正行為の防止に関する実施ガイドライン」を定める(以下「本大学ガイドライン」という)。

定義

第2条 この規則において「研究者等」とは、本大学の研究活動に従事している者及び附属研究施設や設備を利用して研究に携わる者をいう。

2.この規則において研究活動上の「不正行為」とは、次の各号に掲げる行為をいう。

(1)研究者等の研究活動の過程における、以下に該当する行為をいう。

(ア)捏造:存在しないデータ、研究結果等を作成すること。

(イ)改ざん:研究資料・機器・過程を変更する操作を行い、データ、研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工すること。

(ウ)盗用:他の研究者のアイデア、分析・解析方法、データ、研究結果、論文又は用語を、当該研究者の了解もしくは適切な表示なく流用すること。

(エ)その他:本大学ガイドラインをはじめとする諸規則・ルール及び関係法令等に反する行為、不正使用。

責任体制

第3条 研究活動上の不正行為の防止、また不正行為への対応のため、研究委員会規程 第8条に記された、コンプライアンス推進責任者および研究倫理教育責任者を置く。
2.学長は、研究倫理の向上及び不正行為の防止等に関し、大学のみならず学校法人全体を統括する権限を有する者(統括責任者)として、公正な研究活動を推進するために適切な措置を講じるものとする。
3.統括管理責任者である学長の指示下において、コンプライアンス推進責任者および研究倫理教育責任者は、研究活動の管理運営ならびに研究倫理教育の推進に責任を負うものとし、本大学.研究委員会あるいは倫理審査委員会の委員長をもって充てる。
4.本大学総務課は、コンプライアンス推進責任者および研究倫理教育責任者と綿密な連携をとり、研究活動上の不正行為を未然に防止し、不正行為の対応の窓口、研究活動の学内外の相談窓口として機能し、大学ガイドラインに即した迅速かつ適切な対応を行う。研究データの保存や必要に応じた開示等について支援を行う。

研究者等の責務

第4条 本大学の研究者等は、その研究活動のすべての過程において、第3 の 項および本大学ガイドラインのほか、大学の諸規程、関係法令等を遵守し、研究活動の管理・運営を行わなければならない。

不正行為の防止に向けた措置

第5条 コンプライアンス推進責任者および研究倫理教育責任者は、不正行為の発生を未然に防止するために、研究活動の管理運営および研究倫理教育を実施するとともに、不正行為が発生した場合はその改善策を講じる。また不正行為防止措置を学内外に公表する。

不正行為に係る調査等

第6条 研究活動上の不正行為の疑いのあるときは、本大学ガイドラインに沿って、事実確認及び調査を行い、不正行為が確認された場合は、本学園、本大学の諸規程に則って懲戒等の処分を行う。 2.調査の結果、不正行為の無いことが明確になった場合は、本大学ガイドラインに沿って、調査対象となった研究者等、関係者の名誉、プライバシーに配慮しつつ、適切な措置をとるものとする。

通報に関して

第7条 研究活動上の不正行為に関する通報及び情報提供を受けた場合の窓口および対処は、本大学ガイドラインに記された手順に従って行うとともに、速やかに研究委員会委員長(研究倫理教育責任者、コンプライアンス教育責任者)に報告し、研究委員会委員長は学長に対応を含めて報告する。

守秘義務

第8条 この規則における研究活動の不正行為への対応に携わる者は、通報の内容その他不正行為の調査等に関して知り得た事項について、秘密を守らなければならない。

規則の改廃

第9条 この規則の改廃に関しては、理事長が決定する。

s