研究施設・設備の充実

人間総合科学 心身健康科学研究所

平成15(2003)年人間総合科学、心身健康科学の学問構築と研究推進を目的に人間総合科学研究所(現:人間総合科学 心身健康科学研究所)が人間総合科学大学内に開設される。
本研究所は、人間総合科学、心身健康科学の学問の発展をリードする重要な拠点として機能し、学問の開拓と普及に寄与している。研究の成果を学術団体などを通して国内外に発信するだけでなく、教材や教育プログラムの開発も行っている。さらに、学部・大学院教育との連携や日本心身健康科学会との共同研究等を図り、心身の相関を科学的に解明する実験研究や、地域や職場、学校、家庭をフィールドとする調査研究も実施している。

医療人教育のための充実の実習・実験室

【蓮田キャンパス(健康栄養学科)】

臨床栄養実習室(疾病と栄養評価・栄養ケア)、調理実習室(応用調理学実習)、給食経営管理実習室(食品の品質管理、食品衛生)等、管理栄養士として業務を行うにあたって必要となる実習・実験の最新設備を備えている。

【岩槻キャンパス(保健医療学部)】

基礎・成人実習室(病室での患者対応)、機能訓練室(リハビリテーションのための各種マシンや訓練機器を装備)、高齢者・地域在宅実習室(在宅ケア技術)、治療室(理学療法学専攻の治療法実習)、評価測定室(身体機能測定と、リハビリ成果の研究)、製作室(義肢装具学専攻:装具加工や機能調整)機械室(義肢装具学専攻:義足や義手等はじめ装具の加工)など、看護学、理学療法学、義肢装具学の先端実習・研究設備を備えている。