保健医療学部 教育研究上の目的

人間に対する深淵な教養を基に、自立と共生の精神をもって、保健医療に関する職業や社会の発展に貢献できる人材の育成を目的とする。

リハビリテーション学科 義肢装具学専攻 教育研究上の目的

リハビリテーション学科義肢装具学専攻では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を基盤に、義肢装具学の基礎的な知識と実践応用能力を修得し、義肢装具士に必要となる資質と能力を身につけ、関連職種と連携・協働しながら、身体に適合する義肢・装具や福祉用具の提供をもって、人々の生活を支援する人材の養成を目的とする。

リハビリテーション学科 義肢装具学専攻の特徴

リハビリテーション学科では、今後の高齢社会において、高齢者や 障害者の自立支援の際に義肢装具士と理学療法士の役割が非常に 重要であるという認識のもと、義肢装具学専攻理学療法学専攻同一の学科に存在することによって、互いに専門職として補完・連携しながら受療者のニーズに対応することで質の高い保健医療サービスの提供が実現可能となる人材を育成するため、 リハビリテーション学科における専攻として配置致しました。

人間を深く理解し適切な人間関係を築く能力を養う

直接人に接する義肢装具士に必要な、人間に対する総合的な理解を養います。

人々の生活や価値観を踏まえて科学的根拠に基づいた支援ができ、ユーザーと共通理解を持てるコミュニケーション能力を育てます。

グローバル社会の進展も見据え継続して自己学習できる能力を育成

国際的視野に立ったリハビリテーションの担い手として活躍できる医療人を育成します。

義肢装具の製作技術、人材資源が不足する国々で、環境整備に努めつつ自己を磨くことのできる人材を育てます。

義肢装具士国家試験の受験資格が卒業と同時に取得可能!

高度医療の普及、高齢化が進む中にあって、義肢装具士のニーズは高まっています。

安全で質の高い義肢装具の製作・適合ができる能力、高い理想をもって研究・開発に取り組む実践力を養います。

脳血管障害で麻痺がある方々の装具作りを授業で実践

手足の切断者の方々はもちろん、脳血管障害によって手足に麻痺がある方々に協力していただき、義肢や装具を製作します。

麻痺患者と話しながら実製作をできるのは日本で本校のみ!

身体に触れ、情報収集しながらの製作で実践力を養成します。

保健医療学部 カリキュラムポリシー

保健医療学部では、次の方針に基づいて教育課程を編成する。

1. 専門的知識・技能と物事に対する幅広い視点や理解を得る
2. 人間に係る科学を学際的に統合し、人間の総合的理解、心身の相関性の理解を現代社会に応用できる能力を得る
3. 様々な専門知識を統合し、自身や社会、職業上の問題関心と関連付けて問題解決を図る能力を得る
4. 多様な学修経験・方法を通じて、専門的職業人および社会の一員として、自立と共生のこころを培う
5. 現代社会、企業で活かすことのできる、AI・データサイエンスの基礎力(リテラシーレベル)を得る

リハビリテーション学科 義肢装具学専攻 カリキュラムポリシー

リハビリテーション学科義肢装具学専攻では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下の方針のもと、教育課程を編成する。

1. 義肢装具を必要とする対象者(人間)について、多面的・総合的に理解するための基礎科目を設ける
2. 科学的根拠に基づいた知識および高い倫理観を持った義肢装具士の育成に必要な専門基礎、専門科目を設ける
3. 義肢装具士として必要とされるコミュニケーション能力を身につけ、他者との協働によって学びを深め、学生の主体的な成長を促すための実習・演習科目を設ける

保健医療学部 ディプロマポリシー

保健医療学部では、人間の総合的な理解と心身相関の理解を基に、保健医療に関する職業について、自立と共生の精神をもって自身のキャリアを形成できる能力を身につけたものに学位を与える。各学科のディプロマ・ポリシーで具体的に示されている①知識・技能、②汎用的技能、③態度・志向性、④総合的な学修経験と創造的思考力の能力を身につけたものに学位を授与する。

リハビリテーション学科 義肢装具学専攻 ディプロマポリシー

リハビリテーション学科義肢装具学専攻では、「人間の総合的理解」「心身相関の理解」を踏まえて以下に掲げる能力を持った学生に学位を授与します。

1. 「義肢装具」を必要とする対象者(人間)について、心理・身体・環境・社会的側面から多面的・総合的に理解できる知識を修得していること
2. 「義肢装具」を科学的な根拠に基づいて基本的な専門知識と技能を、医療・福祉・介護・研究などの分野において汎用できること
3. 義肢装具士として、人間の尊厳を守り高い倫理観に基づいて、多職種間の連携・協働に貢献できること
4. 義肢装具士として、義肢装具の質の向上へ向けグローバルな視点を持つと共に、社会の変化と進展に伴う多様な健康課題に対応するため、生涯にわたり自ら学び続ける素養と意志を持っていること

ページトップへ