【フォトギャラリー】子ども大学 はすだ・しらおか 2018

2018年度子ども大学はすだ・しらおか 第5回講義を実施しました。

平成30年11月25日(日)、人間総合科学大学蓮田キャンパスにて、子ども大学はすだ・しらおか 第5回講義・卒業式を開催しました。

時間 内容
9:00~12:30 講義:特別授業 農業体験! 埼玉県特産 クワイ堀り
講師:人間総合科学大学 人間科学部 心身健康科学科 中山和久先生 弓削田綾乃先生ほか

卒業式

第5回講義 農業体験! 埼玉県特産 クワイ堀り

待ちに待った農業体験の日です。
作業服に身を包んだ学生さんが集まりました。みなさんやる気満々です。
中山先生から、休耕田(稲の作付けをしない田んぼ)の説明がありました。ネズミや虫がその畑を荒らしてしまい、他の畑やお家にもやってきてしまうのだそうです。蓮田の地域では、こうした問題を解決するために、お正月に縁起物として出される「クワイ」を植えて、田んぼを再活用しているのです。

農地へ到着すると、農家のみなさんが出迎えてくれました。まずはお手本から。実の先にある芽を折らないように、優しく手で探っていきます。
いよいよ皆さんの番!「キャー!」「足が抜けない!!」クワイ掘りの前に泥の中を移動するのに大苦戦。

ゆっくり手を入れて、優しく土の中で探していきます。「あったー!!」「角が折れちゃった…」楽しい声があちらこちらから聞こえてきました。

しばらくすると、コツを掴んだようにみなさん真剣な表情で収穫作業に没頭していました。中には20個以上も収穫する名人も出てきてびっくり!

クワイを収穫した後は、農家さんのお宅へお邪魔して、クワイチップスをいただきました!サクサクホクホクとした食感のクワイチップス。あっという間に無くなり、おかわりをしたり、農家の方のお話を聞いたり、つかの間の楽しい時間を過ごしました。農家のみなさま、ご協力いただきありがとうございました。

卒業式

大学に戻ってから、卒業式を行いました。一人ひとりに修了証が授与されました。
久住学長から、一年をかけて農作物を作ることの大変さ、私たちが口にするまでたくさんの人々が関わっていることへの有難みを忘れないようお話がありましたね。子ども大学での学びが少しでもみなさんの興味関心のきっかけになれば幸いです。


ページトップへ