【フォトギャラリー】子ども大学 はすだ・しらおか 2018

2018年度子ども大学はすだ・しらおか第4回講義を実施しました。

平成30年11月3日(土)、蓮田市役所特設会場(雅楽谷の森フェスティバル)にて、子ども大学はすだ・しらおか 第4回講義を開催しました。

時間 内容
13:00~15:00

講義:「縄文体験ツアー」

講師:蓮田市社会教育課 小宮先生、鈴木先生、斉藤先生

第3回講義「縄文体験ツアー」

今日は、6,000年前にタイムスリップする日。蓮田市社会教育課の小宮先生、鈴木先生、斉藤先生と共に出発です。

どんどん森を進んでいくと…一面に広大な土地が出現しました。
ここは、なんと海を再現した場所。6,000年前には蓮田にも海があったのです!土地を調査すると、沖縄で多く生息している「ガザニ」が見つかったとのこと。沖縄と同じくらい暖かい気候だったのですね。

この海でも水質調査開始です。大きな網ですくうと、とれたのはエビ。メダカもたくさん泳いでいましたね。
雑木林を抜けると、広場のようなところにでました。ここはたて穴式住居が50件広場を取り囲むように建っていたことがわかったそうです。昔の人びとも、集会やお祭りなどをしていたことがうかがえますね。


次に到着したのは市役所の脇の開けた土地。なんとここでは発掘体験をさせてもらいました!


無我夢中でお宝探しをする学生さん。小さな土器では満足できず、何度も何度も発掘を続けます。


「わぁ!模様がでてきた!」

「このかけらはこれと一緒だね!」



展示館では昔のピアスや土偶も触らせていただきました!

最後に、川と海で採取した水の状態を、透度計と薬品を使って調べました。
色々な機材や薬品に、学生さんも興味津々でした。

次回は、11/25(日)「農業体験」です。お楽しみに!


ページトップへ