【フォトギャラリー】子ども大学 はすだ・しらおか 2016

2016年度子ども大学はすだ・しらおか 第3回講義を実施しました。

平成28年10月22日(土)、人間総合科学大学蓮田キャンパスにて、子ども大学はすだ・しらおか第3回講義を開催しました。

時間 内容
10:00〜12:00 講義:「食」について知ろう! ― あぶらについて知ろう ―
講師: 人間総合科学大学 人間科学部健康栄養学科 玉木雅子先生

第3回講義 「食」について知ろう!―あぶら について知ろう―

人間総合科学大学蓮田キャンパスは今日は学園祭の日です。
なんだかいい匂いがしたり、楽しそうなお兄さんお姉さんの様子を見ながら、今日の勉強のスタートです。

 

今日は私たちの普段の食事に欠かせない「あぶら」について、玉木雅子先生に教わりました。
炒め物、天ぷら、とんかつなどのおかずだけではなく、ケーキやクッキーなどお菓子にもあぶらは使われています。
あぶらの種類にもサラダ油、オリーブオイル、ごま油、バター、ラード、牛脂など、いろいろな種類があります。
また、「油」と「脂」、同じ「あぶら」という漢字ですが、どう使い分けるのか、原料の違いで分けてみたり、固体か液体かの違いでわけてみたり、先生のヒントを聞きながら、みんなで相談して色々なあぶらを分類してみました。

そして、普段食べているお菓子にどれくらいのあぶらが入っているのか、先生が実験してくれました。
大好きなポテトチップスやおせんべいに自分が思っていたよりもたくさんのあぶらが入っていてびっくりです。
取り出したあぶらを冷やして固めると、真っ白な固まりになりました。
あぶらは取りすぎると体に良くないこともあるので、お菓子の食べすぎには注意しましょう。

授業が終わった後は、人間総合科学大学の学園祭で使えるお楽しみ券をもらいました。
健康栄養学科のお兄さんお姉さんが作った食事やお菓子と交換しながら、大学の学園祭の雰囲気も楽しむことができた子ども大学でした。

 

次回、第4回目は、11月27日(日)「農業体験!」です。
いよいよ2016年の子ども大学はすだ・しらおかも次回が卒業式です。
また、皆で一緒に楽しく学びましょう。


ページトップへ