保健医療学部 教育研究上の目的

保健医療学部は、保健医療専門職者として高い倫理観と使命感を持ち、高度な専門知識に基づく確かな技術を実践するとともに、心身健康科学をはじめとした総合的な人間理解のもと、さまざまな関連職者と連携し、広く社会に貢献できる活力ある人材を養成することを目的とします。

看護学科 教育研究上の目的

看護学科では、人間を多面的・総合的に理解し、また倫理的な態度をもって適切な人間関係を築くことができる能力、科学的根拠に基づいた専門的知識・技術を習得し、安全で質の高い看護を実践できる能力、社会制度をふまえ、保健・医療・福祉分野の専門職間および地域との連携・協働のできる能力、人々の生活文化・価値観を尊重し、健康の維持・増進、疾病の予防への支援ができる能力、看護の質を向上させるともに、グローバル社会の進展も見据え継続して自己学習できる能力を養うことを目的とします。

看護学科の特徴

高いコミュニケーション能力を持つチーム医療の担い手を育成

人間を多面的・総合的に理解し、また、倫理的な態度をもって適切な人間関係を築くことができる能力を養います。


関連職種と連携・協働しながら、看護師・保健師の資格を実践できる人材を育成します。

科学的根拠に基づいた専門性と実践性

人間の心身の健康に関する基礎知識をしっかりと身につけます。


知識が現場での看護に結びつくことを目指し、理論から実践への学びを系統的に配置、質の高い看護を実践できる能力を養います。

看護師国家試験受験資格が取得可能(保健師は選択制)

高度医療に対応する技術をもつ看護師、また、地域の中での役割が期待される保健師のニーズはさらに高まっています。


2つの資格を取得すれば、社会での活躍の場はますます広がります。


※履修は定員の1/4の20名までとなります

保健医療学部 カリキュラムポリシー

保健医療学部では、ディプロマ・ポリシーに掲げる知識、技能を修得させるために、全学共通のコア科目を配置した「基礎分野」、専門家として高度な知識、技術の修得や人間理解の力を養う科目を設置した「専門基礎分野」および、「専門分野」、その他必要とする科目を体系的に編成し、以下のように学科の特色を活かした教育内容、教育方法、評価について定めます。

1.教育内容
 基礎分野では、全学共通の「コア科目」を中心に医療人に必要な「こころ」「からだ」「文化」の基礎を学び、併せて医療人に求められる「コミュニケーション力」と「プロ意識」を育みます。
 専門基礎分野では、医療人として必要とされる「人体の解剖・生理・生化学」および「病理・病態・薬理・微生物学」について学修します。
 専門分野では、看護師、理学療法士、義肢装具士としての専門知識・技術、および態度を深めます。
2.教育方法
 科目を「講義」「演習」「実習」の三形態に分け、「知識・技術・態度」を学びます。
 主体的な自学自習の促進のために「グループ学習」の技法を修得、また積極的に「アクティブラーニング」を導入します。
 「知識・技能・態度」の統合化を目指して「総合演習」を行います。
3.評価
 ディプロマ・ポリシーに掲げられた「知識・技能・態度・志向性」等を評価するために「講義科目」「演習科目」において適宜、筆記試験、実技試験、課題レポートを課し評価します。
 ディプロマ・ポリシーに掲げられた「総合的な学習経験と創造的思考力」の養成のために「実習科目」「総合演習」において評価します。
 評価の結果は、学生にフィードバックし再学習を促す「形成的評価」と、進級・卒業を判定する「総括的評価」を行います。

看護学科 カリキュラムポリシー

看護学科では、「建学の精神」のもと、人間を多面的・総合的に理解し、また倫理的な態度をもって適切な人間関係を築くことができる能力、科学的根拠に基づいた専門的知識・技術を習得し、安全で質の高い看護を実践できる能力、看護の質を向上させるとともに、グローバル社会の進展も見据えて継続して自己学習できる能力を養うことを目的としています。
その教育目的達成のための教育課程として、人間を学際的に総合して科学的に探究するための「コア科目」群を配置した『基礎分野』の他、保健師助産師看護師法に示された専門家としての高度な知識・技術の修得や人間理解の力を養う科目を設置した『専門基礎分野』及び『専門分野』を体系的に編成しています。
本学を卒業すると、看護師国家試験受験資格(選択により保健師国家試験受験資格)が得られるカリキュラムとしています。

保健医療学部 ディプロマポリシー

人間総合科学大学『建学の精神』に則り、保健医療学部では、所定の課程を修了することに加え、以下の要件を満たす者に学位を授与します。

1.知識・技能
医療職としての十分な専門知識と、安全安心に関する技能を有し、かつ、統合的な人間理解の上で、他者への思いやりの態度を持ち、また関連職種と協働できるコミュニケーションスキルを有しています。
2.態度・志向性
倫理的考えを持ち、医療に携わる人として望ましい基本的姿勢を有し、かつ、自らの学習成果を、社会に還元しようとする積極性を有しています。
3.総合的な学習経験と創造的思考力
自らの学修成果を生かし、生涯にわたって主体的な学びを続ける自己学習力を有し、指導的立場で健康社会への貢献、国際社会へ寄与しようとする意欲を有しています。

看護学科 ディプロマポリシー

看護学科では、「こころ」「からだ」「文化」の側面から人間を総合的に理解し、「自立と共生」「創造力と人間性」という教育理念に即した以下に掲げる能力を持った学生に学位を授与します。

1. 「看護」を必要とする対象者とその家族に対して、専門職としての知識・技術を持ち、心理的・社会的・文化的側面から人々を多面的・総合的に理解し、問題を解決できる。(知識・理解・文化・社会・自然)
2. 「看護」を科学的根拠に基づいて実践できる基本的知識と技術を、保健・医療・福祉・介護・教育などの分野において汎用でき、対象者および他の専門職と円滑にコミュニケーションをとり健康・障害・回復・予防・死への安全で安楽な質の高い支援ができる。(コミュニケーションスキル・判断力・問題解決能力)
3. 看護職として、人間の尊厳を守り高い倫理観に基づき、他の専門職と連携・協働できる力を発揮できる。(態度・志向性・社会的責任・チームワーク・自己管理能力・倫理観)
4. 看護職として看護の質の向上へ向け、グローバルな視点を持ち社会の変化と進展に伴う多様な健康課題に対応し、生涯にわたり自ら学び続ける素養と意志で看護学の発展に寄与することができる。(総合的な学習経験・創造的思考力)

本学科の卒業要件は以下の通りとなっています。(   )内は保健師選択コースの場合

基礎分野 19(16)単位以上
専門基礎分野 30(30)単位以上
専門分野 79(86)単位以上
合計 128(132)単位以上

ページトップへ