教員紹介

黒田 るみ

黒田 るみ

学科長  教授

黒田 るみ

(くろだ るみ)

担当科目

「看護共通技術Ⅰ」「看護共通技術Ⅱ」「看護基礎技術Ⅰ」「看護基礎技術Ⅲ」「基礎看護学実習Ⅰ」「基礎看護学実習Ⅱ」「統合実習」「看護研究Ⅰ」「看護研究Ⅱ」「看護論」「看護論演習」「看護教育評価論」「看護教育評価演習」

主な経歴

千葉大学医学部附属病院・自治医科大学附属病院・JAとりで総合医療センター(看護師)、北里大学看護学部・看護学研究科(教員)

学歴

千葉大学看護学部卒、千葉大学大学院看護学研究科博士前期課程修了(看護学修士)、千葉大学大学院看護学研究科博士後期課程修了(博士(看護学))

論文・著書

【論文】
1.黒田るみ:休日救急診療所の小児科外来での失敗事例より、千葉看護学会誌、1(1)、P.58-61、1996.
2.黒田るみ:F.ナイチンゲールの思考過程の特徴に関する研究-『看護覚え書』の分析より-、千葉看護学会誌、4(2)、P.15-21、1998.
3.黒田るみ:“病人の観察”の章にみるF.ナイチンゲールのとらえた観察に関する看護婦の思考過程の構造、ナイチンゲール研究、5 P.37-45、1999.
4.黒田るみ他:学生による授業評価の結果に関する報告―看護基礎理論Ⅰのシラバス作成に向けて、北里看護学誌 6(1)、P.41-47、2004.
5.黒田るみ他:看護観の再構築と実習指導者像の形成を目指した研修会の実施とその評価−平成16年度に開催した「交流会」における教員の認識の特徴−、北里看護学誌、7(1)、P.38-44、2005.
6.黒田るみ他:看護観の再構成と実習指導者像の形成を目指した研修会の実施とその総括的評価−、北里看護学誌、8(1)、P.67-70、2006.
7.黒田るみ他:臨床施設における看護師の与薬に関する役割と実施時の意識−患者の家族の立場からとらえた看護場面の分析より−、平成15年度〜平成17年度 看護学部重点共同研究成果報告書.P.5-36、2006.
8.黒田るみ他:看護観の再構築と実習指導者像の形成を目指した研修会の実施とその評価−平成18年度に開催した「宿泊研修」および「病棟研修」における研修生の学びの特徴−、北里看護学誌,9(1)P.65-74、2007.
9.黒田るみ:特集1 マンネリからの脱出!次年度の教育計画を見直そう.入職2年目には2年間の基礎研修,中堅以上には選択研修を導入し,能力や意欲を引き出す、看護のチカラ p.25-29.No419.2014.

所属学会

日本看護科学学会、看護科学研究学会、ナイチンゲール研究学会、千葉看護学会、日本感染看護学会、理論看護学研究会、日本教育学会、日本国際看護学会、日本心身健康科学会、埼玉県立大学保健医療福祉科学学会、

ページトップへ