教員紹介

高橋 美紀

高橋 美紀

准教授

高橋 美紀

(たかはし みき)

主な経歴

 「日本の病床数の4床に1床は精神科病床」であった時代に精神科病院に就職し、主に長期入院患者さんへの看護に従事してきました。その後、精神科の患者さんの生活の場が病院から地域へと移行していく過程で、精神科病院の社会復帰病棟やデイケアにも勤務しました。さらに、障害者総合支援法に基づく共同生活援助事業所で、薬物の問題(乱用・依存など)を有する精神障がい者の方々と一緒に生活し一緒に働く経験をしました。時代や法律の変化、そして医療の進歩や福祉の発展に伴って、私たち看護職者に求められる役割や機能は変化してきたし、これからも変わっていくと思いますが、時と場を超越して普遍かつ不変の看護の原理を求め続ける方向で仕事をしていきたいと考えています。

学歴

千葉大学看護学部卒業 学士(看護学)
千葉大学大学院看護学研究科博士前期課程修了 修士(看護学)
千葉大学大学院看護学研究科博士後期課程修了 博士(看護学)
東京福祉保育専門学校精神保健福祉士養成通信課程卒業
江戸川大学総合福祉専門学校社会福祉士養成科通信課程卒業

論文・著書

[論文]
 高橋美紀:精神分裂病患者の在宅生活促進のための看護職固有の機能に関する研究 =生活過
     程の分析により帰納的に得た実践上の指針を自己の看護実践に適用して=,千葉大学
     大学院看護学研究科博士論文,1997. *註:病名は当時の記載のままです。現在では
     精神分裂病ではなく統合失調症と呼んでいます。
 高橋美紀:「看護理論を使って仕事をする」とは? -使うことを断念してからの認識の発展
     -(1)~(3),季刊綜合看護(現代社発行),第35巻3号~第36巻1号,2000~
     2001.
 高橋美紀:F.ナイチンゲールの研究方法論の再現の試み =「思索への示唆」から看護学研
     究に至る底流を辿って=,ナイチンゲール研究(ナイチンゲール研究学会発行)、
     第6号,p33~59,2000.
 高橋美紀:文部科学省科学研究費<基盤研究(C)>報告書(冊子体) 薬物依存症者の回復
     過程における体験と認識に関する研究,2006.
 高橋美紀:ナイチンゲールの思想に立脚した精神看護学教育のための課題と提言(1)~ 
     (4),季刊綜合看護(現代社発行),第41巻第3号~第42巻第2号,2006~2007.

ページトップへ