教員紹介

藤原 宏子

藤原 宏子

教授

藤原 宏子

(ふじわら ひろこ)

担当科目

「心身健康科学概論」「生物学基礎」

メッセージ

本学テキスト「心身健康科学概論」の最初にあるカラーイラストには、地球をバックに女性や赤ちゃんをはじめ様々な生物が描かれています。地球上に生命が誕生してから35億年以上も過ぎ、簡単なつくりをもっていた共通祖先が、長い時間の経過とともに、複雑で多種多様なものへと変化(進化)してきたと考えられています。私の専門は生物学ですので、人間を、多種多様な生物の一員として見つめてきました。進化的な視点をはじめ、様々な視点を大切にして、人間を総合的に理解していきましょう。

主な経歴

放送大学、日本女子大学、立教大学、東京学芸大学において非常勤講師、ユトレヒト大学客員研究員、日本学術振興会特別研究員、学術雑誌『生物科学』編集長

学歴

日本女子大学卒業、理学博士(東京大学)

論文・著書

【論文】
Eda-Fujiwara H. Satoh R, Hata Y, Yamasaki M, Watanabe A, Zandbergen MA, Okamoto Y, Miyamoto T, Bolhuis JJ: Sex differences in behavioural and neural responsiveness to mate calls in a parrot: Scientific Reports 6, 18481, 2016.

Eda-Fujiwara H, Imagawa T, Matsushita M, Matsuda Y, Takeuchi H-A, Satoh R, Watanabe A, Zandbergen MA, Manabe K, Kawashima T, Bolhuis JJ: Localized brain activation related to the strength of auditory learning in a parrot: PLoS ONE: 7(6), e38803, 2012.

Eda-Fujiwara H, Kanesada A, Okamoto Y, Satoh R, Watanabe A, Miyamoto T:
Long-term maintenance and eventual extinction of preference for a mate’s call in the female budgerigar: Animal Behaviour: 82, 971-979, 2011.

藤原宏子, 渡辺愛子, 坂口博信:鳥の脳-ヒト言語野相当領域における性差:生物科学:62, 222-230, 2011.

藤原宏子:さえずり学習の系統発生: 鳥脳の進化: 生物科学: 59, 95-100, 2007.

藤原宏子,佐藤亮平,宮本武典: 鳥のさえずり: 音声学習・知覚の脳内神経機構: 比較生理生化学: 21,80-89,2004.

Eda-Fujiwara H, Satoh R, Bolhuis JJ, Kimura T: Neuronal activation in female budgerigars is localized and related to male song complexity: European Journal of Neuroscience: 17, 149-154, 2003.

Suzuki E, Eda-Fujiwara H, Saito R, Satoh R, Miyamoto T: The effect of androgen on the retention of extinction memory after conditioned taste aversion in mice: Journal of Physiological Sciences: 63, 171-181, 2013.

Bolhuis JJ, Eda-Fujiwara H: Birdsong and the brain: the syntax of memory: Neuroreport: 21, 395-398, 2010.

Watanabe A, Eda-Fujiwara H, Kimura T: Auditory feedback is necessary for long-term maintenance of high-frequency sound syllables in the song of adult male budgerigars (Melopsittacus undulatus): Journal of Comparative Physiology A: 193, 81-97, 2007.

所属学会

日本動物行動学会、日本動物学会、日本鳥学会、日本神経科学学会、日本心身健康科学会、Society for Neuroscience、Association for the study of animal behaviour

ページトップへ