蓮田市と防災・減災・災害対策等リスクマネジメントの連携協力に関する協定書を締結しました

2021.03.19 [プレスリリース]
蓮田市(市長 中野 和信)、蓮田市商工会(会長 土橋 克美)、人間総合科学大学(理事長・学長 久住 眞理)は令和3年3月12日、蓮田市役所にて「防災・減災・災害対策等リスクマネジメントの連携協定に関する協定書」締結式を行いました。

この協定締結により、防災・減災・災害対策等について、三者が実効性のあるリスクマネジメントに取り組み、危機の発生防止に努め、かつ発生時には迅速かつ適切な対策が講じられるよう連携体制を構築したことになります。

今回の締結について久住 眞理 理事長は「東日本大震災から10年、当時が思い出される。地震のほか豪雨など災害に備え本学としてもできる限り協力させていただきたい。本学が専門とする「心身」や「健康」などの側面から、公開講座などを通じて災害時リスクマネジメントの啓蒙活動に寄与したい。」とする内容をコメントしました。



ページトップへ