「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」について

2020.12.07 [新型コロナ対策 ]
「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」について、文部科学省より連絡がありましたので、お知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症及びその蔓延防止の措置の影響により、事業主の指示でやむを得なくアルバイトの休業(シフトの削減を含む)を強いられ、休業手当を受けることができなかった方に対してその一部が支給される制度です。
一般企業の社員だけでなく、アルバイトを行う学生も対象となります。

ただし、本制度は申請者(事業主もしくは労働者本人)が厚生労働省へ直接申請を行うものであり、基本的に学校が仲介して申請を行うものではありませんので、ご注意ください。

該当する学生は、厚生労働省のウェブサイトにある、制度概要やQ&Aをよく読んで確認してください。
 
支給要件確認書の作成に事業主のご協力が得られない場合、その旨を支給要件確認書に記載の上、労働者から申請することが可能です。その場合、都道府県労働局から事業主に対して、確認や協力依頼を行います(都道府県労働局から、事業主や申請者に関係書類の提出などを求める場合があります)。

(厚生労働省のウェブサイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html
(厚生労働省のウェブサイトの制度に関するQ&A)
https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html#Q&A
(厚生労働省新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター)
電話0120-221-276 月~金8:30~20:00 / 土日祝8:30~17:15

<申請期間>
休業した期間 締切日
令和2年4月~9月 令和2年12月31日(木)
令和2年10月~12月 令和3年3月31日(水)

以上


ページトップへ