厚生労働省が新型コロナウイルス感染が疑われる人の相談・受診の目安を変更しました(2020年5月11日)

2020.05.11 [新型コロナ対策 ]
新型コロナウイルスの感染が疑われる人が「帰国者・接触者相談センター」から専門外来を受診する目安について、
厚生労働省は発熱やせきなどの軽い風邪症状が続く場合には、すぐに相談するようにと変更しました。
発熱が37・5度以上でなくてもせきなど軽い風邪の症状が続けばすぐに相談をするようにとしました。
「相談・受診の目安」の概略は下記の通り、詳細は近日中にお知らせします。



皆さまにおかれましても引き続き感染予防に努めていただき、もし疑いのある場合は目安に従い、相談・受診をお願いいたします。

ページトップへ