学修の流れ

コースワーク・リサーチワークの流れ

修士課程


|


|
テキスト履修(T)
テキスト履修では単位を修得するために「自宅学修 → 課題レポート提出および他の学生とのオンラインでの意見交換 → 科目修了試験」の順に学修を行います。また、科目修了試験は会場で受講する形式ではなく、オンラインでレポートを提出します。科目修了試験に合格すると単位が認定されます。
メディア履修(M)
メディアを使った履修では、テキスト履修とビデオ履修を並行して実施します。ビデオ履修ではVOD(Video On Demand)により学修を進めます。科目修了試験に合格すると単位が認定されます。
テキスト履修+スクーリング履修(T・S)
必修科目と実験実習科目(選択必修)では、テキスト履修に加えてスクーリング(対面式授業)を受講します。科目修了試験に合格すると単位が認定されます。


|


|
研究指導(R)
修士課程では、年間5回(2年間で10回)の面接指導(合同ディスカッションを含む)のほか、中間報告会の発表を通して修士論文または特定課題研究報告書を完成させます。
研究テーマ例
  • 訪問看護師の職業性ストレスと心身の健康
  • 脳卒中片麻痺者における車椅子用骨盤ベルトの有効性と使用条件の検討
  • 高校男子サッカー選手における運動時心拍数と自覚的な体調および心理状態との関連
  • 作業療法臨床実習指導者の分野別によるストレスの分析
  • 「差異」の捉え方からみた健康観と健康問題の対策に関する一考察
  • 押圧刺激の時間要因が疲労感の回復に与える影響
  • 特別養護老人ホームにおける看取りに対する介護職員の姿勢 -介護職員への面接調査を通して-
  • 透析患者の主観的幸福感に関する文献研究
  • 理学療法士養成校の学生が感じるストレス度と行動傾向

博士後期課程


|


|
テキスト履修(T)
テキスト履修では単位を修得するために「自宅学修→課題レポート提出および他の学生とのオンラインでの意見交換→科目修了試験」の順に学修を行います。なお、科目修了試験は会場で受験する形式ではなく、オンラインでレポートを提出します。科目修了試験に合格すると単位認定となります。
メディア履修(M)
メディアを使った履修では、テキスト履修とビデオ履修を並行して実施します。ビデオ履修ではVOD(Video On Demand)により学修を進めます。科目修了試験に合格すると単位が認定されます。
テキスト履修+スクーリング履修(T・S)
心身健康科学における心身相関の科学、健康科学、統合・学際領域という、研究深化の視点を養うため、必修科目と選択科目の一部でスクーリング(対面式授業)が実施されています。テキスト履修に加え、スクーリングを受講し、科目修了試験に合格すると単位認定になります。
演習(EX)
演習は、大学院生と全教員を交えたテレビ会議システム(インターネットを利用)を使ったセミナーです。演習授業に参加し、総合評価(プレゼンテーションと質疑応答の内容)で合格の基準に達すると単位認定となります。


|


|
研究指導(R)
博士後期課程では、月1回の個別面接指導のほか、必要に応じて随時面接指導、オンラインでの個別指導が実施されます。
研究テーマ例
  • 食事における n-6/n-3 系多価不飽和脂肪酸の摂取比率が大学生の心理的ストレス反応に及ぼす影響
  • 救急医療現場における多様な業務が看護師の心身に与える影響
  • カックアップ装具のデザインに求められる要素の検討—支持部の長さと使いやすさの関連について—
  • 身体的負荷刺激および精神的負荷刺激が人にもたらす影響—4種類の負荷刺激に対する心拍RR間隔の測定から—
  • 透析患者の適切なたんぱく摂取量の検討—心身健康科学の視点から—

研究指導の流れ

修士課程・博士後期課程

研究について、院生は定期的に個別面接指導を受けながら進めていきます。さらに研究の進捗状況に応じて、学生ポータルサイトなどのメディアを利用した指導や随時の面接指導を受けることができます。

専任教員は、本学の大学院全体の課程に関わっています。研究指導は、修士課程・博士後期課程ともに、本専攻の専任教員がその専門性を活かしたうえで一丸となって行います。

修士課程

博士後期課程

ページトップへ