教員紹介

教員紹介

丸井 英二

丸井 英二

教授

丸井 英二

(まるい えいじ)

担当科目

「心身健康科学特論Ⅰ」「心身健康科学特論Ⅲ」「健康科学・疫学特講」「心身健康科学特殊講義」「心身健康科学特殊演習Ⅰ」「心身健康科学特殊演習Ⅱ」「心身健康科学特殊演習Ⅲ」「健康増進科学特殊講義」

メッセージ

 本学の英文名称にもある Arts & Sciences を大切にして勉強していきたいですね。通信制の大学院では、自分の学びたいことを、学びたい時にできます。また、ひとりでなく、ともに学ぶ仲間がいることも重要です。大学院では、私は疫学的な研究方法論を中心に担当します。個人の健康だけでなく、集団として、健康な人びとと不健康な人びとを合わせた全体を展望しながら、心身の健康を決定する要因を探していく、そんな気持ちで勉強していきましょう。

主な経歴

東京大学医学部疫学教室助手
東京大学医学部国際交流室講師
ハーバード大学公衆衛生大学院研究員(国際保健学)
東京大学留学生センター教授(医学系研究科国際保健学専攻併任)
国立国際医療センター研究所・地域保健医療研究部・部長
順天堂大学医学部公衆衛生学・教授

学歴

東京大学医学部保健学科卒業、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(保健学博士)

論文・著書

【論文】
Yuka Yamazaki YK, Ryo Mori, Eiji Marui: Difficulties Facing Physician Mothers in Japan: Tohoku J Exp Med: 225, 203-9, 2011.
丸井英二(共著): リスクコミュニケーションとは: 医学のあゆみ: 293, 1033-7, 2011.
丸井英二(共著): 老衰死はどのように変化してきているのか-人口動態統計を利用した記述疫学的研究-: 厚生の指標: 58, 1-5, 2011.
丸井英二(共著): わが国における第二次世界大戦後のインフルエンザによる超過死亡の推定:パンデミックおよび予防接種制度との関連: 日本公衆衛生雑誌: 58, 867-78, 2011.
丸井英二(共著): 中国における保健医療領域の現状と課題: 民族衛生: 66, 5, 216-223, 2000.
丸井英二(共著): コレラ対策事例を通じて見たラオスの感染症予防行政の一側面: 琉球医学会誌: 19, 3, 155-158, 2000.
丸井英二: タイにおける地方レベルでの死亡登録の実態とその要因: 民族衛生: 65, 3, 146-155, 1999.

【著書】
『簡略衛生公衆衛生』(南山堂)
『医療人類学』(大修館書店)
『国際保健/ 看護』(弘文堂)
『疫学/ 保健統計学』(メジカルフレンド社)
『飢餓』(ドメス出版)
『医学と社会の歴史』(朝倉書店)など

所属学会

日本公衆衛生学会、日本疫学会、日本医史学会など

ページトップへ