教員紹介

教員紹介

萩原 豪人

萩原 豪人

准教授

萩原 豪人

(はぎわら たけひと)

担当科目

「心身健康科学特講」「心身健康科学研究」

メッセージ

私が学んできた「コミュニティ心理学」は、「個人と環境の適合性の増大」を目的とし、実践と研究を両輪として進めていく学問です。当然ながら、人の「こころ」や「幸せ」は、周りの環境と切り離された個人に内在するものではありません。社会という文脈に生きる人間理解の視点に立ち、「心身の健康を科学する」という本専攻の取り組みは、とても深遠で刺激的です。「こころ」「からだ」「文化」の織りなす不思議を、一緒に探求していきましょう。

主な経歴

慶應義塾大学学生相談室、中央大学学生相談室、法政大学臨床心理相談室、東京都公立学校スクールカウンセラー等
武蔵野大学、大妻女子大学、東北福祉大学、ポラリス保健看護学院、神奈川県立衛生看護専門学校等の非常勤講師
臨床心理士

学歴

慶應義塾大学社会学研究科社会学専攻修士課程修了 修士(社会学)

論文・著書

【論文】
萩原豪人:コミュニティ心理学の教育実践 危機介入:コミュニティ心理学研究:20巻2号,日本コミュニティ心理学会,pp.154~163,2017.
萩原豪人,岡本亜美,木村洋介,赤坂誠人:地域のニーズに合わせて柔軟に変化し続けるキャンプの組織体制およびプログラムの実践報告:コミュニティ心理学研究:18巻1号,日本コミュニティ心理学会,pp.109~128,2014.
萩原豪人,岡本亜美,藤井良隆,久田満:東日本大震災において被災した子どもに対する心理的支援―避難所生活を送る子どもへの「遊びの出前」活動―:コミュニティ心理学研究:15巻2号,日本コミュニティ心理学会, pp.67~74,2012.
萩原豪人:特別支援教育を受けてきたアスペルガー症候群の学生の支援体制:学生相談研究:30巻3号,日本学生相談学会, pp.167~178,2010.

【著書】
『公認心理師必携テキスト』(分担執筆、学研メディカル秀潤社)
『カウンセリング入門』(分担執筆、人間総合科学大学)
『教員サポート13 大学における発達障害を抱える学生へのサポート』(慶應義塾大学教養研究センター)
『教員サポート4 発達障害を抱える学生への関わり方』(慶應義塾大学教養研究センター)
『ADHDの子どもへのサポート&指導事例集』(分担執筆、学事出版)
『LDの子どもへのサポート&指導事例集』(分担執筆、学事出版)

所属学会

日本心身健康科学会、日本心理臨床学会、日本コミュニティ心理学会、日本学生相談学会

ページトップへ