各種プラン(履修モデル)のご案内

大学生はシラバスを読破して自分の意思と責任に基づいて履修科目を選択するのが原則です。しかし、それを一から実施するには、時間も労力も膨大に必要となります。
以下では、働きながら学修を進める学生の一助になればと、先輩学生の典型的な履修プランごとに履修のモデル(雛形)を提案します。是非、参考になさってください。

各科目名の末尾にある英字は、Tがテキスト科目、NまたはSがスクーリング科目という意味です。
履修の上限は各年次48単位(各期24単位)ですので、モデルで示された以外の科目も受講できる余裕が充分にあります。
履修モデルはあくまでも参考例に過ぎませんので、学生個々人の都合や志向に合わせて履修する時期や科目を変更することが出来ます。科目を変更する際には必修科目と選択必修科目単位の取りこぼしが無いよう、十分に注意してください。

※カリキュラムは変更になる可能性があります。
※必ず 最新版の『シラバス(履修の手引き)』をご覧ください。

「卒業」最優先プラン

「最短の修業年限」かつ「最小限の負担」での卒業(大卒資格獲得)を目指す方におすすめのプランです。
初年度前期に実際に取り組んでみて、学修に余裕がありそうでしたら、前倒しで履修していきましょう。
卒業がより確実となっていきます。
逆に、余裕が無いと感じたようでしたら、履修を後ろ倒しにしていきましょう。卒業年次には余裕を持たせてあります。

1年次入学生

1年次
(42単位)
前期 大学入門ゼミ(N)ヒューマンⅠ(N)ヒューマンⅡ(N)ヒューマンⅢ(N)ヒューマンⅤ(S)人間科学(T)人間科学(N)行動科学(T)行動科学(N)生命科学(T)生命科学(N)文明科学(T)文明科学(N)
後期 人間と環境(T)人間と環境(N)心身健康科学Ⅰ(N)心身健康科学Ⅱ(T)心身健康科学Ⅲ(T)心身一如の科学(T)細胞といのちの営み(T)ストレスと健康(T)ストレスと健康(N)人間理解へのアプローチ(N)コミュニケーション入門(T)
2年次
(45単位)
前期 人間関係論(T)人間関係論(N)こころの科学(T)こころの健康セミナー(T)カウンセリング入門(T)交流分析(T)交流分析(N)ストレスマネジメントセミナー(T)現代家族論(T)発達心理学(T)発達心理学(N)コミュニティ心理学(T)コミュニティ心理学(N)
後期 食文化論(T)手当の科学(T)生命倫理学(T)生命倫理学(N)地球の環境問題(T)地球・生命・文化の歴史(T)比較文化論(T)比較文化論(N)人間観(T)
3年次
(30単位)
前期 健康科学論(T)健康科学論(N)保健学(T)女性のからだと健康(T)高齢者のからだと健康(T)ライフスタイルマネジメントセミナー(T)食べもの学(T)現代の養生訓(T)伝承医学(T)
後期 日本仏教の世界(T)日本仏教の世界(N)プレゼンテーション論(T)いのちと健康セミナー(T)いのちの文化人類学(T)異文化コミュニケーション(T)
4年次
(8単位)
前期 人間総合科学の理解Ⅰ
後期 人間総合科学の理解Ⅱ

3年次編入学生

3年次
(42単位)
前期 大学入門ゼミ(N)ヒューマンⅠ(N)ヒューマンⅡ(N)ヒューマンⅢ(N)ヒューマンⅤ(S)人間科学(T)人間科学(N)行動科学(T)行動科学(N)生命科学(T)生命科学(N)文明科学(T)文明科学(N)
後期 人間と環境(T)人間と環境(N)心身健康科学Ⅰ(N)心身健康科学Ⅱ(T)心身健康科学Ⅲ(T)心身一如の科学(T)細胞といのちの営み(T)ストレスと健康(T)ストレスと健康(N)人間理解へのアプローチ(N)コミュニケーション入門(T)
4年次
(20単位)
前期 比較文化論(T)比較文化論(N)人間観人間関係論(T)人間関係論(N)人間総合科学の理解Ⅰ
後期 人間総合科学の理解Ⅱ

深く「こころ」を学ぶプラン

「こころ」について深く学びたい方、ご自身の職場や家庭で、もっと「こころ」に寄りそえる人になりたいと思っている方に、おすすめのプランです。
「こころ」は目に見えないもの。だからこそ深く理解するには、多面的な学びが必要です。「こころ」や「コミュニケーション」に関する科目を中心に、「こころ」を支える「からだ」や「文化」の仕組みについても学べます。
基本的な「心理学の知識」から、対人支援の専門家が教える「実践の方法」まで、幅広い力が身につくプランです。

1年次入学生

1年次
(40単位)
前期 大学入門ゼミ(N)ヒューマンⅠ(N)ヒューマンⅡ(N)ヒューマンⅢ(N)ヒューマンⅤ(T)人間科学(T)人間科学(N)人間科学(S)ストレスと健康(T)ストレスと健康(N)ストレスと健康(S)心理学基礎実験Ⅰ(S)生命科学(T)生命科学(N)生命科学(S)
後期 心身健康科学Ⅰ(N)心身健康科学Ⅱ(T)心身健康科学Ⅲ(T)行動科学(T)行動科学(N)行動科学(S)人間関係論(T)人間関係論(N)社会心理学(T)心理学概論(T)心理学基礎実験Ⅱ(S)人間理解へのアプローチ(N)コミュニケーション入門(T)
2年次
(38単位)
前期 発達心理学(T)発達心理学(N)交流分析(T)交流分析(N)心理学研究法(T)教育心理学(学習と発達)(T)カウンセリング入門(T)文明科学(T)文明科学(N)文明科学(S)人間と環境(T)人間と環境(N)
後期 青年期心理学(T)カウンセリング実践(S)精神保健(T)高齢期心理学(T)こころの科学(T)自律神経生理学(T)自律神経生理学(N)レクリエーション理論・実践(S)地球・生命・文化の歴史(T)
3年次
(34単位)
前期 現代家族論(T)心の防衛機制と反応(T)心理検査法実習Ⅰ(S)心理統計学Ⅰ(N)心身医学(T)心身医学(N)高齢社会と福祉・医療(T)リーダーシップ論(T)死生観とスピリチュアリティ(T)ストレスマネジメントセミナー(T)
後期 心理検査法実習Ⅱ(S)心理統計学Ⅱ(N)子どもを対象としたレクリエーション実践(S)リラクセーション実践(S)いのちの文化人類学(T)異文化コミュニケーション(T)プレゼンテーション論(T)手当の科学(T)こころの健康セミナー(T)
4年次
(12単位)
前期 コミュニティ心理学(T)コミュニティ心理学(N)コミュニティ心理学(S)人間総合科学の探究Ⅰ
後期 人間総合科学の探究Ⅱ

※余裕がある方は、下記の科目などもおすすめです。
産業心理学(T)、精神看護(T)、精神看護(N)、心理統計学Ⅰ(T)、人間発達学(S)、脳科学論(T)、脳科学論(N)、応用看護学(T)、江戸の子育て(T)、生命倫理学(T)、生命倫理学(N)


3年次編入学生

3年次
(42単位)
前期 大学入門ゼミ(N)ヒューマンⅠ(N)ヒューマンⅡ(N)ヒューマンⅢ(N)ヒューマンⅤ(T)人間科学(T)人間科学(N)人間科学(S)行動科学(T)行動科学(N)行動科学(S)生命科学(T)生命科学(N)生命科学(S)文明科学(T)文明科学(N)文明科学(S)
後期 心身健康科学Ⅰ(N)心身健康科学Ⅱ(T)心身健康科学Ⅲ(T)発達心理学(N)心理学概論(T)カウンセリング入門(T)心身医学(T)リラクセーション実践(S)プレゼンテーション論(T)リーダーシップ論(T)人間と環境(T)人間と環境(N)
4年次
(20単位)
前期 人間関係論(N)心の防衛機制と反応(T)コミュニティ心理学(N)コミュニティ心理学(S)コミュニケーション入門(T)手当の科学(T)人間総合科学の探究Ⅰ
後期 カウンセリング実践(S)人間総合科学の探究Ⅱ

※余裕がある方は、1年次入学生のプランで挙げている科目などもおすすめです。

社会福祉主事任用資格を取得するプラン

社会福祉主事任用資格は、デイサービスや福祉施設(高齢者・障がい・児童分野など)が出している相談員の求人募集で、応募要件となっていることが多くあります。
この資格があると、福祉事務所でケースワーカーとして働くことができます。福祉施設長・保育園長となるにも必須の資格です。
また、病院・障害者施設・介護施設などで、医療ソーシャルワーカーや生活相談員として働くこともできます。
本学では、下記の科目から3科目以上の単位を取得して卒業すれば、社会福祉主事任用資格を取得することができます。
「心理学概論」「法学」「教育学概論」「リハビリテーション概論」「地域の福祉」「精神保健」「高齢社会と福祉・医療」「看護学概論」「身体の構造と機能」

1年次入学生

1年次
(43単位)
前期 大学入門ゼミ(N)ヒューマンⅠ(N)ヒューマンⅡ(N)ヒューマンⅢ(N)ヒューマンⅤ(S)人間科学(T)人間科学(N)心身健康科学Ⅰ(N)心身健康科学Ⅱ(T)心身健康科学Ⅲ(T)
後期 人間理解へのアプローチ(N)こころの科学(T)コミュニケーション入門(T)異文化コミュニケーション(T)比較文化論(T)比較文化論(N)カウンセリング入門(T)心理学概論(T)コミュニティ心理学(T)コミュニティ心理学(S)地域の福祉(T)発達心理学(T)発達心理学(N)人間発達学(S)
2年次
(37単位)
前期 情報処理演習(S)生命科学(T)生命科学(N)身体の構造と機能(T)身体の構造と機能(N)心身医学(T)心身医学(N)免疫学(T)免疫学(S)予防栄養学(T)予防栄養学(N)
後期 行動科学(T)行動科学(N)生命倫理学(T)生命倫理学(N)法学(T)人間と環境(T)人間と環境(N)文明科学(T)文明科学(N)
3年次
(28単位)
前期 高齢期心理学(T)高齢者のからだと健康(T)高齢者の健康増進(T)高齢社会と福祉・医療(T)老年看護(T)看護学概論(T)精神保健(T)現代の養生訓(T)リハビリテーション概論(T)
後期 リハビリテーション体育(S)セラピューティックレクリエーション概論(T)レクリエーション理論・実践(S)子どもを対象としたレクリエーション実践(S)リラクセーション実践(S)
4年次
(16単位)
前期 人間総合科学の理解Ⅰリーダーシップ論(T)教育学概論(T)プレゼンテーション論(T)人間観(T)
後期 人間総合科学の理解Ⅱ

3年次編入学生

3年次
(42単位)
前期 大学入門ゼミ(N)ヒューマンⅠ(N)ヒューマンⅡ(N)ヒューマンⅢ(N)ヒューマンⅤ(S)人間科学(T)人間科学(N)行動科学(T)行動科学(N)生命科学(T)生命科学(N)文明科学(T)文明科学(N)
後期 人間と環境(T)人間と環境(N)心身健康科学Ⅰ(N)心身健康科学Ⅱ(T)心身健康科学Ⅲ(T)カウンセリング入門(T)心理学概論(T)地域の福祉(T)精神保健(T)法学(T)
4年次
(20単位)
前期 比較文化論(T)比較文化論(N)高齢社会と福祉・医療(T)身体の構造と機能(T)身体の構造と機能(N)人間総合科学の理解Ⅰ
後期 人間総合科学の理解Ⅱ

一般企業就職プラン

心身健康科学を学修した人を求める企業はたくさんあります。健康食品の製造や販売をする企業(ドラッグストア等)が代表的ですが、近年はごく普通の食品メーカーでも健康を意識した商品を製造するようになっていますし、外食(レストラン等)・中食(総菜等)産業をはじめとするフードビジネス業界や、フードサービス・給食(コントラクトフード)業界でも「健康」はキーワードになっています。
心身の健康を科学的に理解できる人は、職場のストレス緩和にも役立つことから、医療・福祉の現場や、一般事務職にも向いています。
就職活動は3年次の5月頃から始まりますので、企業研究に役立つ科目は3年次前期に、採用選考(筆記試験や面接)に役立つ科目は3年次後期に履修すると良いでしょう。4年次の前期には就職活動も収束しますので、取りこぼした科目があっても4年次後期に専念できます。余裕があれば入社後に役立ちそうな科目を追加履修しましょう。

1年次入学生

1年次
(32単位)
前期 大学入門ゼミ(N)ヒューマンⅠ(N)ヒューマンⅡ(N)ヒューマンⅢ(N)ヒューマンⅣ(S)ヒューマンⅤ(T)人間理解へのアプローチ(N)こころの科学(T)コミュニケーション入門(T)カウンセリング入門(T)
後期 人間科学(T)人間科学(N)行動科学(T)行動科学(N)人間関係論(T)人間関係論(N)発達心理学(T)発達心理学(N)交流分析(T)交流分析(N)
2年次
(40単位)
前期 人間発達学(S)生命科学(T)生命科学(N)文明科学(T)文明科学(N)人間と環境(T)人間と環境(N)地球の環境問題(T)比較文化論(T)比較文化論(N)異文化コミュニケーション(T)
後期 ストレスと健康(T)ストレスと健康(N)健康科学論(T)健康科学論(N)心身健康科学Ⅰ(N)心身健康科学Ⅱ(T)心身健康科学Ⅲ(T)心身一如の科学(T)
3年次
(37単位)
前期 生活習慣と健康(T)高齢者の健康増進(T)高齢期心理学(T)高齢者のからだと健康(T)女性のからだと健康(T)保健学(T)食文化論(T)食べもの学(T)
後期 予防栄養学(T)予防栄養学(N)栄養と代謝(T)栄養と代謝(N)情報処理演習(S)英語(T)論文の書き方(S)プレゼンテーション論(T)リーダーシップ論(T)人間観(T)産業心理学(T)
4年次
(15単位)
前期 免疫学(T)免疫学(S)細胞といのちの営み(T)現代の養生訓(T)人間総合科学の理解Ⅰ
後期 人間総合科学の理解Ⅱ

3年次編入学生

3年次
(39単位)
前期 大学入門ゼミ(N)ヒューマンⅠ(N)ヒューマンⅡ(N)ヒューマンⅢ(N)ヒューマンⅤ(T)人間科学(T)人間科学(N)心身健康科学Ⅰ(N)心身健康科学Ⅱ(T)心身健康科学Ⅲ(T)食べもの学(T)生活習慣と健康(T)
後期 情報処理演習(S)プレゼンテーション論(T)カウンセリング入門(T)予防栄養学(T)予防栄養学(N)健康科学論(T)健康科学論(N)ストレスと健康(T)ストレスと健康(N)食文化論(T)
4年次
(24単位)
前期 行動科学(T)行動科学(N)生命科学(T)生命科学(N)人間総合科学の理解Ⅰ
後期 文明科学(T)文明科学(N)人間と環境(T)人間と環境(N)人間総合科学の理解Ⅱ

ページトップへ