3つのアプローチによる、多面的な学修展開

人間科学部心身健康科学科は、「こころ」・「からだ」・「文化」の側面から、人間を総合的に理解し、心身ともに健康で豊かに暮らせる社会構築を支援できる人材を養成することを目的としています。


そのために、本学では「こころ」「からだ」「文化」の3つの領域から人間に多面的にアプローチする特徴あるプログラムを用意しています。全く新しい学びを提供しています。

全くの初学者でも、これらの専門的な科目を理解できるようにするため、【コア科目】を用意しています。なかでも「人間科学概論」は、人間を「こころ」「からだ」「文化」の統合体であると捉えるための、ごく初歩的な視点を養います。人間の「こころ」と「からだ」の相関を理解し、心身の問題を「文化」的に解決できる人材を育てる出発点となっています。

また、とりわけ、「ストレス」「健康」「医療」「心理」「看護」「リハビリテーション」「栄養」に関して学修を深めることができます。本学の通学制では、健康栄養学科で管理栄養士を、保健医療学部で看護師・理学療法士・義肢装具士を、それぞれ養成しており、そこでの教員も通信制の多くの科目を担当しています。

幅広く、自由度の高いカリキュラム

従来の大学通信教育では、狭い専門分野の中での限られた科目しか履修できず、また、必修科目が多いこともあって、学生が自分の興味・関心に沿った内容で自由に学修することは困難でした。


人間総合科学大学では、学生が決められた科目を受け身で学ぶのではなく、本学の教育目的に基づいて体系的に組まれたカリキュラムから自由な意志で自立的・能動的に科目を選択することで、学生たちの専門職能を伸ばすとともに、未来を切り拓く自己決定能力を育んでいます。


科目は100科目以上も用意されており、必修科目も少ないのが特徴です(英語・体育も必修ではありません)。



※カリキュラムは変更される場合があります。


【過去のシラバスはこちら】

ページトップへ