人間総合科学研究科 健康栄養科学専攻(通学制)

本専攻では、人間の心身両面の健康と栄養・食とのかかわりを科学的・統合的視点から追求します。

ストレス対応を含む現代の高度な保健医療サービスに対応しうる専門的な知識及び技術をもち、かつ現代の保健対策に対応した行動科学を含む広汎な知識と能力を有して、個人の健康の保持・増進を栄養・食生活の側面から解決に導く事の出来る実践的な専門的能力を養成します。

人間総合科学大学大学院 教育研究上の目的

人間総合科学大学大学院は、人間総合科学大学の教育の目的に則り、「人間」をさらに学際的・統合的に追究し、より深い専門的知識を持ち研究できる人材を育成することを目的とする。

人間総合科学研究科 健康栄養科学専攻 教育研究上の目的

健康栄養科学専攻 修士課程では、人間の心身両面の健康と「栄養・食」とのかかわりを科学的・統合的視点から追求し、企業、地域、行政とも連携し、高度で専門的な知識及び技術をもち、社会、個人の健康の保持・増進を栄養・食生活の側面から解決に導くことのできる、健康科学に立脚した実践的な専門的能力を有する人材を育成することを目的とします。

人間総合科学研究科 健康栄養科学専攻 修士課程 カリキュラムポリシー

健康栄養科学専攻 修士課程では、以下の方針の下、教育課程を編成する。

1. 【共通】心身健康科学を基盤にした、健康栄養科学の枠組みと科学的思考、研究遂行に必要な基礎知識と技能を修得するため基礎分野科目を開設する
2. 【共通】研究遂行と修士論文または特定課題研究報告書の作成あるいは企業との共同研究を行うため「研究指導科目」を開設する
3. 【一般履修プログラム】心身相関の科学および健康栄養科学に関連する教養や研究遂行に必要な知識・技能を修得し、周辺学問との接点を考究するために健康科学・栄養科学の2領域において「選択分野科目」を開設する
4. 【ヘルスフードサイエンス・プログラム(特別履修プログラム)】ヘルスフードサイエンス(食品健康科学)において、食産業・フードビジネス産業での食のマネジメント・開発・分析などを修得するための必修科目を開設する

人間総合科学研究科 健康栄養科学専攻 修士課程 ディプロマポリシー

健康栄養科学専攻 修士課程では、以下に掲げる能力を持った学生に学位を授与する。

1. 【共通】人間と社会の諸側面について学際的で幅広い知識と教養を修得している
2. 【共通】健康栄養科学を基盤とした心身相関と「栄養・食」とのかかわりに関する健康科学について学際的・総合的な探究姿勢と基礎的研究能力、洞察力、問題解決能力、創造力を持っている
3. 【共通】食・栄養の領域において、企業・地域等と共同で、現状の課題解決を可能とする能力を持っている
4. 【一般履修プログラム】基礎的な科学的研究遂行力を持ち、地域や社会等で指導的な役割を担うことができる
5. 【ヘルスフードサイエンスプログラム(特別履修プログラム)】ヘルスフードサイエンス(食品健康科学)において、食産業などフードビジネスでのマネジメント・開発・分析などをリードする知識・技術・実践力を持つ
6. 【ヘルスフードサイエンスプログラム(特別履修プログラム)】AI/データサイエンスの知識と技術を活かし、食と健康に関する多様な企業、地域、行政機関などにおいて指導的役割を担うことができる

ページトップへ