人間総合科学研究科 健康栄養科学専攻(通学制)

本専攻では、人間の心身両面の健康と栄養・食とのかかわりを科学的・統合的視点から追求します。

ストレス対応を含む現代の高度な保健医療サービスに対応しうる専門的な知識及び技術をもち、かつ現代の保健対策に対応した行動科学を含む広汎な知識と能力を有して、個人の健康の保持・増進を栄養・食生活の側面から解決に導く事の出来る実践的な専門的能力を養成します。

人間総合科学大学大学院 教育研究上の目的

人間総合科学大学大学院は、人間総合科学大学の教育の目的に則り、「人間」をさらに学際的・統合的に追究し、より深い専門的知識を教授・研究します。

人間総合科学研究科 健康栄養科学専攻 教育研究上の目的

健康栄養科学専攻 修士課程では、人間の心身両面の健康と「栄養・食」とのかかわりを科学的・統合的視点から追求し、高度で専門的な知識及び技術をもち、個人の健康の保持・増進を栄養・食生活の側面から解決に導くことのできる、健康科学に立脚した実践的な専門的能力を有する人材を育成することを目的とします。

人間総合科学研究科 健康栄養科学専攻 修士課程 カリキュラムポリシー

人間総合科学研究科 健康栄養科学専攻 修士課程では、人間の心身両面の健康と「栄養・食」とのかかわりを科学的・統合的視点から追求し、高度で専門的な知識及び技術をもち、個人の健康の保持・増進を栄養・食生活の側面から解決に導くことのできる、健康科学に立脚した実践的な専門的能力を有する人材を育成することを目的としています。
その教育目的達成のための教育課程編成は以下のとおりです。
必修科目として、心と身体の両側面から健康にアプローチし、その物質的基盤にかかわる食と栄養、および心身の高次機能のそれぞれならびにその相互関連をめぐる背景の科学の現状について学修する「基礎科目」を開設しています。選択科目として基礎科目を踏まえて学修する「専門科目」群を配置し、心的側面、身体的側面から健康への科学的アプローチをするための学識を高めるとともに、関連分野に関する基礎的素養の涵養を図り、研究・教育能力を高めるための『健康科学領域』、食・栄養に関する専門的、実践的な知識を身につけ、実践の現場における栄養指導力を高めるため『栄養科学領域』の2領域を設定しています。「研究指導」にて院生の研究テーマに対して研究能力の育成と修士論文または特定課題研究報告書の作成指導を行います。

人間総合科学研究科 健康栄養科学専攻 修士課程 ディプロマポリシー

人間総合科学大学の建学の精神のもと、人間総合科学大学大学院 人間総合科学研究科 健康栄養科学専攻 修士課程では、心身相関と「栄養・食」とのかかわりに関する科学について、深い学識のもと、「自立と共生」「創造力と人間性」という教育理念に即した以下に掲げる能力を持った大学院生に学位を授与します。

1. 人間と社会の諸側面について学際的で幅広い知識を身につけている。

2. 健康栄養科学を基盤とした心身相関と「栄養・食」とのかかわりに関する健康科学について学際的・総合的な探究姿勢と基礎的研究能力、洞察力、問題解決能力、創造力を持っている。

3. 研究者あるいは社会のリーダーとして、現代社会やそこに生きる人間に深い関心を持ち、新しい展望と視座に立って、創造力を持って、心身ともに健康で豊かに暮らすことができる社会の構築という学問的・社会的要請に応えるために、生涯にわたり自ら学び続ける意欲を持っている。

必修科目 8単位
選択必修科目(健康科学領域) 8単位以上
選択必修科目(栄養科学領域) 8単位以上
研究指導科目(必修) 8単位
合計 32単位以上

ページトップへ