ラーニングコモンズ

 蓮田キャンパス内の1Fカフェテリアおよび3Fラウンジに「HASアクティブ・ラーニング・コモンズ(蓮田)」が設置されている。同様に岩槻キャンパスにおいても、各階にコミュニケーションスペースがあり「HASアクティブ・ラーニング・コモンズ(岩槻)」が併設されている。

 両キャンパスの「HASアクティブ・ラーニング・コモンズ」には、常時インターネットに接続しているPCが配置してあり、専門図書や雑誌の閲覧など図書館との情報交換も可能。現在、教室を離れてアクティブ・ラーニングやPBL(課題解決型授業)、少人数によるグループワークに活用されているとともに、国家試験対策など学生間の自学自習のスペースとして、また卒研指導や卒研ゼミ、また大学院の研究指導の場として教授陣を交えての活発な議論が展開されている。

 

 今後は、無線LANなど、ネット環境も整備していくことで、電子情報などの様々な学術情報資源から得られる情報を用いての学修スタイルを可能とする。また蓮田キャンパスと岩槻キャンパス間、あるいは各キャンパスと東京サテライトとの間のディスカッション・演習・討議・プレゼンテーションなどを行なう空間として拡充していく予定である。

 その結果、「HASアクティブ・ラーニング・コモンズ」では、教員から学生への一方的な情報伝達ではなく、ディスカッション・演習・討議・プレゼンテーションなどを通して、学生自らが能動的に学ぶことができる、新しい学修スタイルを実現するICT環境が構築できる。

ページトップへ