第 39 回 心身健康科学サイエンスカフェ

「トランス脂肪酸摂取が健康に及ぼす影響~アディポサイトカインとの関係性~」
日程 2018 年 5 月 11 日(金)
開場 17:30
開演 18:00 ~ 20:00
※後半は軽食を囲んでの懇談を予定しています。
会場 人間総合科学大学 東京サテライト(御茶ノ水)
講師 岩崎 有希 先生
 人間総合科学大学・助教
主催 人間総合科学心身健康科学研究所
参加費 500円(資料代・飲み物代含)

講師紹介



岩崎 有希
(いわさき ゆき)
 人間総合科学大学・助教
 博士(栄養学)

【主な経歴】
・聖徳大学大学院博士後期課程修了
・人間総合科学大学助手

【講師からコメント】
 脂肪細胞は、主な機能がエネルギーの貯蔵であると考えられていましたが、生理活性物質 (アディポサイトカイン) を分泌し全身に大きな影響を与えることが分かってきました。中でも、重要な分泌たんぱく質が動脈硬化、メタボリックシンドロームを防ぐとされるアディポネクチンです。これまでの私の研究では、お菓子に使われるショートニングなどに含まれるエライジン酸(トランス脂肪酸)が、本来は細菌感染センサーであるToll様受容体4(TLR4)の細胞内情報伝達系を介して,アディポネクチン合成を減らしてしまうことを明らかにしました。日本では、エライジン酸を含むトランス脂肪酸の摂取が欧米に比べて少ないから危険性はないと言われていますが、本当にそうなのでしょうか。
 今回は、エライジン酸を中心に私の実験結果と、最近報告された、いくつかの疾患、自然免疫系活性化制御に対するTLR4の関りについてお話させて頂きます。

ご案内ポスター(PDFファイル)

 

お申し込み方法

お申し込みフォームまたはお電話にてお申し込みください。
お申し込み時には、以下の内容をお知らせください。

①「2018 年 5 月 11 日 サイエンスカフェ受講希望」
② 氏名
③ 電話番号
④ 参加希望人数
⑤ 職業等
⑥ メールアドレス(申し込みフォームの場合)

お申し込みフォーム
→ 電話:048-749-6111

主催:人間総合科学心身健康科学研究所
共催:人間総合科学大学 日本心身健康科学会

ページトップへ