第36回 心身健康科学サイエンスカフェ

「中年期女性の発達課題"generativity" (世代性)
について」
日程 2017 年 9 月 8 日(金)
開場 17:30
開演 18:00 ~ 20:00
※後半は軽食を囲んでの懇談を予定しています。
会場 人間総合科学大学 東京サテライト(御茶ノ水)
講師 鈴木 淳子 先生
 人間総合科学大学・助教
主催 人間総合科学心身健康科学研究所
参加費 500円(資料代・飲み物代含)

講師紹介



鈴木 淳子
(すずき じゅんこ)
 人間総合科学大学・助教
 臨床発達心理士

【主な経歴】
・東京都中野区立桃花小学校スクールカウンセラー
・(株)特進スクール教室長

【講師からコメント】
 わが国は,他に例を見ない速さで少子高齢化が進行しており,現在の高齢化率(人口に占める65歳以上の割合)は26.7%と年々上昇を続けています。そうした中,中年期の精神的な悩みと高齢期になってからの認知症発症のリスクには関連があったこと,女性が中年期に経験する心理的ストレスは精神健康に影響を及ぼし,高齢期になってからのアルツハイマー型認知症のリスクと関連していたこと,中年期にストレス症状を知覚したものは,高齢期になってからの身体障害と関連していたことなど,中年期に経験したストレスが後に高齢者になってからの心身の健康に関連があることが明らかにされ,中年期の精神健康の重要性が示唆されています。一方,発達心理学者の Erikson(1950, 1982)は,中年期の発達課題として,次世代を育むことへの関心を意味する “generativity”(世代性)をあげました。世代性は中年期で最も高く,精神健康と関連していることが明らかにされています。中年期を健やかにに過ごし,高齢期をよりよく生きていくために,「世代性」について考えてみます。

ご案内ポスター(PDFファイル)

お申し込み方法

お申し込みフォーム、メール、またはお電話にてお申し込みください。
お申し込み時には、以下の内容をお知らせください。

①「2017 年 9 月 8 日 サイエンスカフェ受講希望」
② 氏名
③ 郵便番号
④ 住所
⑤ 電話番号
⑥ 参加希望人数
⑦ ご所属研究機関・研究分野など

お申し込みフォーム
→ メール:jshas@human.ac.jp
→ 電話:048-749-6111

主催:人間総合科学心身健康科学研究所
共催:人間総合科学大学 日本心身健康科学会

ページトップへ