「がんをおこすウイルス〜ノンコーディングRNAの病原性〜」
日程 2016年11月25日(金)
開場 17:30
開演 18:00~20:00
会場 人間総合科学大学 東京サテライト(御茶ノ水)
講師 岩切 大
人間総合科学大学・教授
主催 人間総合科学心身健康科学研究所
参加費 500円(資料代・飲み物代含)

講師紹介



岩切 大
(いわきり だい)
 医師、医学博士

【主な経歴】
・日本大学医学部第3内科 医師
・ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院 博士研究員
・北海道大学遺伝子病制御研究所 助教
・神戸大学大学院医学研究科 准教授

【講師からコメント】
 細胞をもたない微生物であるウイルス。かぜをはじめウイルス感染によりおこる病気は少なくなく、ウイルスが原因と考えられているがんもあります。一般にウイルス感染による疾患の成立では、感染細胞内で発現するウイルスの遺伝子産物の機能が重要な役割を果たしています。今回は、ヒトに広く感染するヘルペスウイルスのひとつでありながら、急性感染症からがんまで様々な病気をおこすEBウイルス (EBV)についてお話します。最近の研究で、EBV遺伝子のうち、タンパク質に翻訳されないRNA(ノンコーディング RNA) が、宿主の免疫機構と相互作用しながらがんなどの疾患の成立に寄与していることがわかってきました。今回はウイルスとは何かから、ウイルスのノンコーディングRNAがどのように病気を起こしているのかまで、最新の知見の紹介も含めてお話したいと思います。

お申し込み方法

お申し込みフォーム、メール、またはお電話にてお申し込みください。
お申し込み時には、以下の内容をお知らせください。

①「2016年11月25日サイエンスカフェ受講希望」
② 氏名
③ 郵便番号
④ 住所
⑤ 電話番号
⑥ 参加希望人数
⑦ ご所属研究機関・研究分野など

お申し込みフォーム
→ メール:jshas@human.ac.jp
→ 電話:048-749-6111

主催:人間総合科学心身健康科学研究所
共催:人間総合科学大学 日本心身健康科学会

ページトップへ