資格・進路

本専攻は高い国家試験合格率を誇っていた早稲田医療技術専門学校のノウハウを基に、より高度な知識と技術を持った、人間を総合的に理解できる理学療法士の育成を目指しています

理学療法士 国家試験受験資格
卒業と同時に“ 受験資格取得”

病院や福祉施設などで、運動療法や物理療法を用いて障害の軽減や機能の回復を図るのが理学療法士です。

国家資格取得のためには指定養成施設で必要な知識や技術を修得後、試験に合格する必要があります。

理学療法学専攻卒業後のキャリア

卒業生の活躍の場

病院のリハビリテーション部門が主な就職先ですが、健康維持を目的とした運動療法の需要も高まりつつある現在、活躍の場は多岐にわたっています。

1. 患者さんのスムーズな社会復帰をサポート

事故や病気および老化などにより身体に障害を持つ人を対象に、動作能力の回復のための指導を行います。医師や医療スタッフと協力し、患者それぞれの状態にあった適切な治療計画を立てることが必要です。社会復帰へ向けてさまざまな相談に乗り、精神的な不安を取り除く役割も重視されます。

たとえばこんな将来像

・リハビリテーションセンター

・病院(急性期・回復期)

・身体障害者更生施設

2. 退院後の地域生活を支援する

患者が退院するにあたり、必要に応じて車いすなどの福祉用具を選定したり、住宅改造の相談に乗ります。

訪問リハビリテーションでは患者のリハビリテーションを行うだけでなく、家族に介助方法をアドバイスすることで生活全体を支えます。

回復状況を観察し、適切な提案を行うためには幅広い知識が求められます。

たとえばこんな将来像

・患者の自宅で訪問リハビリテーションを行う

・デイサービスなどの通所施設でリハビリテーションを行う

・家族に介助方法をアドバイスする

3. 障害を持つ子どもたちの健やかな発達を

障害を持つ子どもたちの治療および発達支援・生活支援を行います。

個々の病態、障害を把握し、信頼関係を結びながら指導を行なっていきます。

楽しみながらの身体の使い方を学習させ、発達を促すことが大事で、理論を実践に活かす応用力が必要です。医療に加え、福祉分野の知識も求められます。

たとえばこんな将来像

・特別支援学校

・肢体不自由児施設

・療育センター

4. 介護予防事業に貢献

高齢者の体力づくりや健康増進のため、運動生理学や医学的な専門知識に基づき、個々の身体状況に合った運動プログラムを作成し、その方法を指導します。

現在、高齢者の介護予防はわが国の医療制度改革の中心的な課題となっており、これからも人材の必要性が高まると考えられています。

たとえばこんな将来像

・介護予防事業を行う

・介護・福祉施設

・スポーツクラブなどで運動プログラムを作成する

5. 未来の医療の礎を築く研究者に

医療分野の分科が進み、理学療法の体系的な研究は今後が期待されています。

理学療法士として3年の臨床経験を積むと、「臨床実習指導者」になることができます。

後進の指導を行う、また臨床経験を重ねて研究者を目指す、さらに福祉用具の開発を行うなどの道も開かれています。

たとえばこんな将来像

・大学などで研究を行う

・教育機関で指導を行う

・福祉住宅や介護機器を開発する

6. トップアスリートを支える

けがをした選手が早期復帰するために、医師の指示のもとにリハビリテーションを計画・指導します。医学的知識と、身体機能・動作能力の科学的知識を備えた専門性を活かし、けがを未然に防ぐための指導、疲労に対するケアなども行います。近年、プロスポーツチームでのニーズが高まっています。

たとえばこんな将来像

・プロスポーツ選手の専属理学療法士として働く

・スポーツチームの専属理学療法士として働く

主な就職先一覧

* 第3期生(平成29年3月卒業生)の実績です。

さいたま市民医療センター、草加市立病院、済生会栗橋病院、秀和総合病院、丸山記念総合病院、柏厚生総合病院、川口工業総合病院、さいたま市立病院、羽生総合病院、久喜すずのき病院、指扇病院、赤羽療育センター、朝霞台中央総合病院、足利赤十字病院、板橋中央総合病院、春日部中央総合病院、健康長寿医療センター、国立がん研究センター、春日部市立医療センター、医療生協さいたま生活協同組合、駒込病院、済生会川口総合病院、済生会中央病院、さいたま赤十字病院、静岡日本赤十字病院、自治医科大学病院、圏央所沢病院、新久喜総合病院、新百合ヶ丘総合病院、新松戸中央総合病院、順天堂大学病院本院、仙台病院、総合南東北病院、高崎総合医療センター、多摩南部地域病院、千葉西総合病院、筑波メディカルセンター、東京共済病院、東芝病院、東部地域病院、東邦大学大森病院、豊島病院、東大宮メディカルセンター、新座志木中央総合病院

卒業生からのメッセージ

* 前身校「早稲田医療技術専門学校」の実績です。

* 本校は2015年3月に第1期卒業生を輩出予定です。

学生と・先生方との結束が強い校風、楽しく充実した学生生活

同じ資格取得を目指す仲間と過ごした本校は、学生、先生方との結束が強い校風があり、楽しく充実した学生生活を送りました。

在学中、一番印象に残っているのは臨床実習です。実際に患者様とふれあい、さまざまな医療機関で治療体験をさせていただいて得た経験は、現在の基盤になっています。


卒業後は急性期病院に勤務し、病気や怪我をしたばかりの患者様のリハビリテーションに携わっています。

急性期病院ではリハビリテーションのことだけではなく、医学的知識も必要不可欠です。

本学で得た知識を基に、医師や医療スタッフからさまざまなことを学び、リハビリテーションに活かしていくことは大変ですが、患者様が元気に退院されていく姿にやりがいを感じることが出来る仕事であると思っています。

医療は日々進歩しているので、資格を取ってからが本当の勉強

学生時代に学んだのは骨や筋肉について学ぶ解剖学です。

高校の勉強とは異なり、学んだことが即、患者様のためになるので必死に勉強しました。


また病院実習では実際に患者様を担当して直接理学療法士から実践的な知識や技術を修得できるので、高い意欲を保ったまま国家試験に臨むことが出来ます。

合格したから終わりではなく医療は日々進歩していますので資格を取ってからが本当の勉強といえます。


患者様は予期せぬ事故や病気で心が塞ぎ込みがちになっています。

知識・技術だけでなく、相手の立場で物事を考えられる「人格」も磨いて素敵な理学療法士になってください。

同じ舞台で活躍できる事を楽しみにしております。

ページトップへ