資格・進路

本学は国家資格である義肢装具士の受験資格が得られる、全国でも数少ない養成校のひとつです
今後も高い需要が見込まれる義肢装具士には、障害者のこころとからだの両面のサポートができる人材が求められています

義肢装具士 国家試験受験資格
卒業と同時に“ 受験資格取得”

個々の障害に合わせて義手や義足、装具などを採寸・採型し、設計・製作する義肢装具士には、医学やリハビリテーションの知識だけでなく豊富な工学の知識も必要とされます。本専攻を卒業後、国家試験に合格することで取得できます。

義肢装具学専攻 卒業後のキャリア

義肢装具製作会社を筆頭に、近年は高齢化を受けて、病院やリハビリテーション施設、また福祉用具関連企業など福祉領域でのニーズも高まっています。

義肢の設計・製作を行う

事故や病気で手足を失った人に対し、義肢(義手・義足)や、身体の機能を助けるための装具(コルセット・杖・車いす等)を製作します。身体の機能回復、生活の質の向上のために、ユーザーとコミュニケーションをはかり、適切な調整を行いながら、身体に適合した義肢装具を実現します。

たとえばこんな将来像

・義肢装具製作会社

・福祉用具・機器関連企業

・車いす関連企業

歩きやすい整形靴を作る

足の障害やリウマチなどで市販の靴では歩行が困難な方のために、オーダーメイドの整形靴を作ります。必要に応じて靴に障害矯正のための靴型装具をつけたり、靴が長持ちするよう歩行の際に負担がかかる場所を補強するなど、一人ひとりの満足を考えた創意工夫を行なっています。

たとえばこんな将来像

・整形靴専門店

未来のパラリンピック選手を育てるスポーツ義肢

スポーツを楽しみたい方のために、走る、跳ぶ、泳ぐなどの運動がスムーズにできる義肢を作ります。身体に適合していること、患部に負担を与えないことはもちろん、調整を重ねて個々のスポーツに必要な動きを実現します。技術の向上により、パラリンピックで活躍する選手も数多く生まれています。

たとえばこんな将来像

・スポーツに特化した義肢を作る

・スポーツに特化した車いすなどを作る

ユーザーと接しヒアリングやアドバイスを行う

義肢装具の使い心地などについて聞き取り、選定や使い方、メンテナンスについてアドバイスをします。障害の状態を正しく把握できる能力、整形外科、リハビリテーションなどの専門知識が求められます。義肢装具の微調整や、義肢装具製作会社とのコーディネート役を務めることもあります。

たとえばこんな将来像

・リハビリテーションセンター

・福祉センター・介護サービス

・福祉用具レンタル・販売企業

技術力を国際協力に役立てる

世界には内戦、地雷の被害などに悩まされれう国々が多くあります。義肢を作る技術・人的資源が不足している開発途上国の地域リハビリテーションの担い手が求められている現在、日本の義肢装具士が海外で活躍しています。一人ひとりに合った義肢装具の提供、現地での義肢装具士の育成などを進めています。

たとえばこんな将来像

・NGOなどに参加し海外で義肢装具の技術を伝える

よりよい義肢の研究開発

義肢装具、福祉用具・機器のエレクトロニクス化に対応し、本専攻では、電子機器の制御技術や歩行分析などを学ぶ科目を配しています。機能はもちろん、見た目や質感も人間の体に近いものを実現できるよう、日々質の向上を目指しています。

たてえばこんな将来像

・義肢装具開発メーカー

・福祉用具・機器関連企業

・車いす関連企業

就職先

第3期生(平成29年3月卒業生)

日本義手足製造株式会社、有限会社長野製作所、ブロック、株式会社所沢義肢製作所、株式会社武内義肢製作所、有限会社横浜ブレース、東名ブレース株式会社、テクノブレイス株式会社、有限会社大川原整形器械製作所、協和義肢工業株式会社、有限会社北信義肢、株式会社中信ブレイス、有限会社森義肢製作所、有限会社相沢製作所、有限会社共同義肢製作所、有限会社吉田POサプライ、川村義肢株式会社、有限会社内藤義肢製作所、株式会社y-brace

卒業生からのメッセージ

患者様に協力いただく実習は貴重な経験でした

島田 紫穂さん
勤務先
有限会社 北信義肢
義肢装具学専攻
2015年 卒業
私はものづくりが好きだったことや、身体の運動について学びたいと考えていたことから、義肢装具士を目指しました。学内実習では、実際の患者様を大学にお招きし、採寸・採型、製作、適合を行い、患者様により良い義肢装具を提供するために必要な知識や技術、コミュニケーション力を磨く貴重な経験となりました。学外実習で6週間、義肢装具製作会社でお世話になる中、学内実習で身につけた知識や技術を評価していただいたことが、内定へとつながったと思います。

ページトップへ