資格・進路

本学科では卒業と同時に看護師と保健師の国家試験受験資格が取得できます(保健師は選択制)
より高度な保健医療人を社会に輩出するため、きめ細かな国家試験対策やキャリア育成を行います

看護師 国家試験受験資格
卒業と同時に“ 受験資格取得”

本学科を卒業時、看護師国家試験を受け合格することで看護師の資格を取得することができます。

医療の現場で最も患者と関わることが多く、チーム医療の要となる看護師には、医療に関する幅広い知識と高いコミュニケーション力が求められます。

保健師 国家試験受験資格(選択制)
卒業と同時に“ 受験資格取得”

本学科を卒業時、保健師選択コースを履修した学生は保健師国家試験を受け合格することで保健師の資格を取得することができます。

保健所、市町村、学校、事業所などで、乳幼児から高齢者まであらゆる人々に対し健康の指導、管理を行います。

看護学科卒業後のキャリア

卒業生の活躍の場

医療機関、福祉施設をはじめ、多岐にわたる場で必要とされています。

個人のライフステージにあわせ、多様な職種、ワークスタイルの選択が可能です。

1. チーム医療の要として患者と家族を支える

患者と直接関わる機会の多い看護師は、チーム医療の中で大きな役割を担います。


注射や点滴、身の回りの世話に加え、患者やその家族の精神面のケアという重要な仕事を任される立場です。


医療機関の各部門の担当者と円滑にコミュニケーションし、スムーズなケアを実現する能力が必要です。

たとえばこんな職場

・病院やクリニックなどの医療機関(看護師)

・介護老人保健施設(看護師)

2. 福祉施設で最適なケアを提供

医師の関与が少ない福祉施設では、看護師が日常的な医療管理を司るケースが多くあります。


施設利用者がその人らしさを保ちながら快適な生活を送るため、身体的・精神的なニーズに応えながら自立生活を援助する視点が必要です。


利用者の心を把握できる洞察力、豊かな人間性が求められます。

たとえばこんな職場

・介護老人福祉施設(看護師)

・身体障害者更生施設(看護師)

・肢体不自由児施設(看護師)

3. 在宅での療養生活を支える訪問看護を

患者の自宅を訪れ、健康状態の観察や日常生活の援助や保健指導などを行います。


高齢者はけがなどを機に寝たきりになってしまうことが多く、これを回避するには回復状態を適切に把握した指導や介護予防が必要です。


医療器具を使う処置について指導したり、家族を精神的に支援することも大きな役割です。

たとえばこんな職場

・訪問看護ステーション(看護師・保健師)

・在宅介護支援センター(保健師)

4. 教育の現場で子どもの健康を守る

保健師資格を習得すると、教育委員会への申請手続きのみで養護教諭2種免許状を取得できます。

養護教諭は、学校で保健教育、健康管理、健康相談(ヘルスカウンセリング)などを行なっています。

児童・生徒の健康診断や応急処置に加え、心身に関する悩み、友人関係など生活全般についての相談役としての役割が期待されます。

たとえばこんな職場

・学校の保健室(看護師・保健師)

(養護教諭二種免許状)

・NGO・NPO団体に所属し国際協力(看護師・保健師)

5. 地域の住民の健康を支える

妊産婦、母親と乳幼児の健康を心身の両面からサポートします。


母親(両親)学級、妊婦訪問指導、育児指導や乳幼児の健診などを行います。


その活動は保険・医療・福祉の領域にわたり、住民の暮らしやすいまちづくりを提案するなど、生活環境を整える活動で地域を支えています。

たとえばこんな職場

・保健所・保健センター(保健師)

・地域包括支援センター(保健師)

6. ストレス社会で働く労働者の健康管理

企業・事業所で健康診断、生活習慣病の予防のための保健指導、労働者の環境管理、健康相談などを行います。


現代ではことに仕事や対人関係のストレスに悩む人が増えており、うつ病など心身の健康への関わりが重要視されています。


また、海外に出張する社員に対し、感染症対策を行うこともあります。

たとえばこんな職場

・企業・事務所(保健師)


主な就職先一覧

第3期生(平成29年3月卒業生)の実績です。

さいたま市民医療センター、草加市立病院、済生会栗橋病院、秀和総合病院、丸山記念総合病院、柏厚生総合病院、川口工業総合病院、さいたま市立病院、羽生総合病院、久喜すずのき病院、指扇病院、赤羽療育センター、朝霞台中央総合病院、足利赤十字病院、板橋中央総合病院、春日部中央総合病院、健康長寿医療センター、国立がん研究センター、春日部市立医療センター、医療生協さいたま生活協同組合、駒込病院、済生会川口総合病院、済生会中央病院、さいたま赤十字病院、静岡日本赤十字病院、自治医科大学病院、圏央所沢病院、新久喜総合病院、新百合ヶ丘総合病院、新松戸中央総合病院、順天堂大学病院本院、仙台病院、総合南東北病院、高崎総合医療センター、多摩南部地域病院、千葉西総合病院、筑波メディカルセンター、東京共済病院、東芝病院、東部地域病院、東邦大学大森病院、豊島病院、東大宮メディカルセンター、新座志木中央総合病院

卒業生からのメッセージ

前身校「早稲田医療技術専門学校」の実績です。

本校は2015年3月に第1期卒業生を輩出予定です。

看護師にとって何より大切な温かい心を育ててくれる環境です。

保健室の先生になりたいという思いが、看護学に興味を持ったきっかけでした。

在学中は実習でたくさんの患者様と関わり、健康でいることのすばらしさや、健康を保つことの大切さを思い知ると同時に、不安な病院生活をどんな気持ちで過ごせるかは、対応する看護師次第だということに気づくことができました。


現在は、小児科で働いており、子どもたちが元気になった姿を見守れることは嬉しいです。

病院で看護師として経験を積み、いつか養護教諭(保健室の先生)になりたいと思っています。

大切なのは看護師に興味を持ったその「気持ち」です。

私は以前から登録していた骨髄バンクにより2度骨髄提供を行い、その時看護師という職業に大きな魅力を感じ、もうこれは看護師に挑戦するしかないと強く決心しました。


早稲田医療技術専門学校は教員の年齢層も幅広く、男性職員もいたので気軽に何でも相談することができました。


国家試験勉強は2学年の夏くらいから、1日1問は過去問を解くようにし、携帯電話に1日1問、問題をメール送信してくれるサービスも活用しました。


私は少し遠回りをしてから看護師という職業に出会いましたが、性別も年齢も関係ない魅力ある職業だと強く感じています。

ページトップへ