「大事なのは、“日常にアートがある”こと」:アート・ギャラリー見学

2017.03.16 [プレスリリース]
アートギャラリー見学
「ここでは、作品を見る目的でアートと接することはなく、何かを感じ取らなければと思いながらアートに触れることもない。その意味で作品展とはまったく違う。ここに“日常にアートがある“ことの重要性がある。」(画伯談)
本学で展示している中島由夫画伯の作品を見学するため、画伯と約30名の方々が来学しました。参加者は、約1時間をかけて、学内に展示している作品を画伯とともに一つずつ鑑賞しました。
 画伯が強調されたのは、なぜ作品展ではなく「大学」に“アート”を展示するのかということ。“建学の精神”との共鳴(教育とアートの融合)や日常にアートがあることの重要性を参加者に熱心に説明されていました。
アートギャラリー見学

関連ページ


ページトップへ