ちょっぴり不安、でも気合十分! 看護師・保健師国家試験受験壮行会

2017.02.16 [イベント]
2/10(金)に岩槻キャンパスにて看護学科の国家試験受験壮行会が行われ、看護師国家試験(2/17)、保健師国家試験(2/19)に臨む学生を激励しました。
学生と教員からは、試験直前の緊張感がひしひしと伝わってきました。
看護師・保健師国家試験受験壮行会01
 
初めに保健医療学部長の橋詰先生から医療人の大先輩として、受験までの心構えと、激励のメッセージが送られました。
「落とす試験ではなく、看護師・保健師としての力を見る試験」
「最後まで諦めない“気持ち”が大事」
「栄養をしっかり摂ろう」
「夜23時には寝る」
続いて、参加教員から様々な応援の言葉が寄せられました。学部長補佐の鈴木先生からは受験当日の注意点が話され、これまでの模試の成果からみても、みんな着実に成長している!と学生達に熱く語っている姿が印象的でした。
そして、合格祈願の鉛筆が学生代表に渡されました。
教員が、学問の神様として有名な福岡県の太宰府天満宮で願掛けをしてきたものです。
絵馬に77名全員合格の願いを書いて願掛けをしてきました。
また、おみくじを引いたところ、

願望 = 叶う
学問 = 試験入学 叶う

と、試験を前に、大変縁起のいい「吉」が出ました。
最後に、学生代表が、合格にむけての強い決意を表明しました!
今週末の国家試験まであとわずか。
合格めざし、頑張れ、4年生!

ページトップへ