義肢装具学専攻の富永修一先生が都内中学校にてオリンピック・パラリンピック関連の講演

2016.01.20 [プレスリリース]
2016年(平成28年)1/9(土)に義肢装具学専攻の富永修一先生が中野区立第二中学校でオリンピック・パラリンピック教育推進として依頼を受け、講演をしてきました。「義足はズルいのか?」と題して「義足の進歩を科学的な視点で考える」きっかけとなるような講演だったそうです。実際の義足ランナーにもご協力頂き、中学生の皆さんに義足を用いた走行を見てもらいました。 富永先生は、パラリンピックに関する研究事業を受託されており、パラリンピックメダル候補者の選手を始めとした障害者スポーツのサポートを積極的に行っています。
講演の写真01
講演の写真02
講演の写真03

ページトップへ