文部科学省の「職業実践力育成プログラム(BP)」に本学の「看護教員養成プログラム」と「心身健康レクリエイター養成プログラム」が認定されました。

2015.12.15 [プレスリリース]
平成27年度の文部科学省が新設した「職業実践力育成プログラム」(BP)に本学の2コースが認定されました。
 
「職業実践力育成プログラム」(BP)は、社会人としての職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的とした新制度。その特徴は、「実務家教員や実務家による授業」「双方向若しくは多方向に行われる討論」「実地での体験活動」「企業等と連携した授業」といった社会人や企業の多様なニーズに対応する先進的な教育プログラムとして文部科学大臣が認めるものであり、厚生労働省の定めるジョブ・カード(履修証明制度)や教育訓練給付制度との連動する内容である点です。
本学の看護教員養成プログラムは、「女性活躍」「非正規労働者のキャリアアップ」「中小企業活性化」「地方創生(地方活性化)」といったすべてのテーマに該当する唯一のプログラムとして、また心身健康レクリエイター養成プログラムは、子どもから大人や高齢者を対象とした地域保健活動、看護や介護、リハビリテーション等の支援の場で活動している社会人を対象にしたユニークかつ意欲的なプログラムとして評価されました。

ページトップへ