養護教諭養成コース(養護教諭1種)

養護教諭とは

養護教諭とは、学校教育の現場で保健管理、保健教育を担当する専門知識を備えた教員です。一般には「保健室の先生」と言われています。

主に保健室に常駐し、医療・看護・保健衛生などの幅広い知識により、けがや病気の応急処置、健康診断と保健指導を行います。

最近では、病気やけがなどの身体上の問題を持つ児童・生徒ばかりでなく、学業や友人関係、進学、家庭の悩みなどを抱えて保健室を訪れる児童・生徒が増えており、身体の面だけでなく、こころの面からのサポートが求められています。

社会的にも、子どもの発育・発達やこころと体の健康問題への関心が高まるなか、教育現場での健康の専門家である養護教諭への期待がこれまで以上に大きくなっています。

これからの養護教諭には、児童・生徒をしっかりと受け止め、励まし、導いていくための、人間理解に基づく豊かな人間性が求められています。

養護教諭免許取得までの流れ

•Step 1 出願時に養護教諭養成コースに登録(通常の学費に加え別途12万円を納付)
•Step 2 「養護に関する科目」33単位、「教職に関する科目」23単位、「教育課程免許法施行規則第66条の6に定める科目」8単位をそれぞれ修得
•Step 3 小中学校での養護実習(4週間)と病院での看護実習(4日間)を行う
•Step 4 都道府県等教育委員会に免許申請
•Step 5 養護教諭免許状取得

履修モデル(履修科目登録の一例です)

次の表を参考に履修科目登録を行って下さい。

免許状取得に必要な科目だけでなく、所定の卒業要件と進級要件も充足するように学修計画を立て、バランス良く履修してください。

特にコア科目(4科目16単位)の修得は4年次進級の際に必要ですのでご注意ください。

(1)1年次入学の場合

学年 時期 分野 科目名 単位数 合計
T S
1年 前期 基礎科目 大学入門ゼミ 1 25
コア科目 人間科学概論 2 2
行動科学概論 2 2
生命科学概論 2 2
文明科学概論 2 2
こころ・精神の理解 教育心理学(学習と発達) 2
文化・社会の理解 法学(日本国憲法) 2
教育学概論 2
教職課程科目 教職概論 2
後期 基礎科目 情報処理演習 2 21
英語~速読演習 2
からだ・保健の理解 身体の構造と機能 2 2
看護学概論 4
養護概説 2
体育Ⅰまたは体育Ⅱ 1
教職課程科目 体育Ⅲ 1
教育課程論 1
教育方法論 1
道徳教育指導論 2
特別活動論 1
2年 前期 統合科目 健康科学論 2 2 18
こころ・精神の理解 青年期心理学 1
人間関係論 2 2
カウンセリング論 2
からだ・保健の理解 予防栄養学T 2
教職課程科目 学校保健 2
生徒指導論 2
教育相談 1
後期 統合科目 生命倫理学 2 18
からだ・保健の理解 保健学 2
栄養と代謝 2 1
予防栄養学S 1
自律神経生理学 2 1
文化・社会の理解 食べもの学 4 1
教職課程科目 健康相談活動 2
3年 前期 基礎科目 論文の書き方 1 25
統合科目 心身健康科学概論 2 2
心身医学 2 1
こころ・精神の理解 精神保健 2
精神看護 4
からだ・保健の理解 成人看護学 2
運動生理学 2 1
文化・社会の理解 地域の福祉 4
教職課程科目 看護実習(通年科目 履修期間1年) 1
養護実習Ⅰ 1
後期 からだ・保健の理解 臨床薬学 2 5
免疫学(アレルギー) 2 1
4年 前期 教職課程科目 養護実習Ⅱ(通年科目 履修期間1年) 4 8
総合演習 人間総合科学の探究Ⅰまたは理解Ⅰ 4
後期 教職課程科目 教職実践演習 2 6
総合演習 人間総合科学の探究Ⅱまたは理解Ⅱ 4
合計 85 41 126

(2)3年次編入学の場合

学年 時期 分野 科目名 単位数 合計
T S
3年 前期 基礎科目 大学入門ゼミ ※ 1 27※
コア科目 人間科学概論 2 2
行動科学概論 2 2
生命科学概論 2 2
文明科学概論 2 2
からだ・保健の理解 看護学概論 4
教職課程科目 教職概論 2
看護実習(通年科目 履修期間1年) 1
養護実習Ⅰ 1
健康相談活動 2
後期 統合科目 心身健康科学概論 2 24
こころ・精神の理解 カウンセリング論 2
こころ・精神の理解 教育心理学(学習と発達) 2
文化・社会の理解 教育学概論 2
からだ・保健の理解 身体の構造と機能 2 2
養護概説 2
教職課程科目 教育課程論 1
教育方法論 1
道徳教育指導論 2
特別活動論 1
学校保健 2
生徒指導論 2
教育相談 1
4年 前期 基礎科目 情報処理演習 2 29※
英語~速読演習 2
統合科目 健康科学論 2 2
生命倫理学 2
こころ・精神の理解 精神保健 2
精神看護 4
からだ・保健の理解 予防栄養学S 1
体育Ⅰまたは体育Ⅱ 1
文化・社会の理解 法学(日本国憲法) 2
教職課程科目 体育Ⅲ 1
養護実習Ⅱ(通年科目 履修期間1年) 4
総合演習 人間総合科学の探究Ⅰまたは理解Ⅰ※ 4
後期 からだ・保健の理解 自律神経生理学 2 1 20
成人看護学 2
臨床薬学 2
予防栄養学T 2
保健学 2
免疫学(アレルギー) 2 1
教職課程科目 教職実践演習 2
総合演習 人間総合科学の探究Ⅱまたは理解Ⅱ 4
合計 69 31 100

■注意事項

履修登録は半期 26 単位が上限ですが、「大学入門ゼミ」「総合演習の科目」は上限に含みません。

めざせ養護教諭! Q&A

Q1:養護教諭養成コースの定員は何名ですか?

A1:100名です。


Q2:通信教育で単位が取得できるのでしょうか?

A2:通信教育課程として開設しています。テキスト履修、スクーリング履修を併用して行います。養護教諭免許状取得に必要な科目のうち、養護実習は小学校や中学校での4週間の教育実習となり、看護実習は4日間の病院での実習となります。実習先の小学校や中学校、病院の確保は各自で行います。

また、教職実践演習や各実習の事前事後指導、体育Ⅲ等は、本学またはサテライト(御茶ノ水)で受講するスクーリングとなります。


Q3:どうすれば養護教諭になれますか?

A3:養護教諭として公立学校の教員になるには、大学などで所定のカリキュラムを修得した上で、養護教諭の免許状を取得(見込み)し、各都道府県(市)教育委員会が行う教員採用試験に合格し、採用候補者名簿に登録されることが必要です。私立学校についても同じように各学校で行われる教員採用試験に合格することが必要です。


Q4:養護実習・看護実習はどのように行うのですか?

A4:養護実習は各自で小学校、中学校のいずれかで実習先を探していただき、現職の先生の指導の下、4週間の実習を行っていただきます。なお、養護実習生の受け入れにあたり、一定の条件(申込期間・手続方法・実習時期等)が定められた地域・学校があるため、早い時期に受け入れ条件・状況等を把握し、実習受入校の確保に努める必要があります。

また、看護実習の場合も自身で実習受入病院を確保していただき、4日間(1単位分)の実習を行っていただきます。


Q5:養護教諭養成コースは、授業のほかに費用がかかりますか? また、期間はどのくらいかかりますか?

A5:授業料とは別に、12万円(教職課程費6万円+教職課程スクーリング費6万円)が必要となります。なお、その他教育実習等に関わる交通費などの実費は自己負担となります。

また、免許取得までに原則として2年間以上の期間が必要となります。


Q6:科目等履修生として不足している単位だけを修得し、養護教諭1種の免許を取ることはできますか?

A6:教職実践演習、養護実習Ⅰ・Ⅱ、看護実習、体育Ⅲ、体育Ⅳについては、科目等履修生は履修することはできません。つまり、養護教諭資格取得に必要なすべての単位を科目等履修生として修得することはできないこととなります。

すでに他の教員免許を持っていて、さらに養護教諭免許も目指される皆さまにおかれましては、3年次編入学などで正科生として本学にご入学いただくことで、養護に関する科目や実習、さらには本学正科生として独自に学習する科目(人間・行動・生命・文明科学概論)などを学ぶことにより、こころ・からだ・文化の3つの側面から“人間”にアプローチし、人間がより良く生きることの意味を探求して発見する力を持つ、本学の目指す養護教諭として巣立っていただきたいと願っております。


Q7:看護師の資格を持っていますが看護実習は必要ですか?

A7:必要です。


Q8:自分の勤務先での看護実習(養護実習)は可能ですか?

A8:原則として勤務先での実習は認めていません

ページトップへ