学生用WEBサービス(Web申請システム)

【履修登録上の注意事項】


「養護教諭養成コース」登録希望の方

コース登録の完了後に、登録単位数の上限変更が行われ、

「教職実践演習」(※)、「養護実習」、「看護実習」、「体育Ⅲ」・「体育Ⅳ」の登録が可能となります。

インターネット申請による科目登録が可能となるのは、コース登録書が本学に到着した日から数えて5日目以降になります。

(新入生で入学志願書にて養護教諭養成コースに登録された方は、コース登録書の送付は不要です。)

(※)「教職実践演習」は4年次以降の履修科目登録となります。

【重要】

「看護実習」及び「養護実習Ⅱ」の有効期間は1年間です。

・病院や小中学校での実習と、大学での会場スクーリングを伴う科目のため1年間とします。

・前期生は前期に、後期生は後期に履修科目登録することをお勧めします。

・3年次の「看護実習」のスクーリング登録は、はじめに「看護実習(事前指導)」のみを登録してください。事前指導と事後指導スクーリングを一度に登録することはできません。「看護実習」は通年科目ですので、前期に履修登録をされた方は、前期に「看護実習(事前指導)」を登録、病院での看護実習を終えられた後、後期に「看護実習(事後指導)」をご登録頂くのが一般的です。早めに実習を終えられる場合、半期の間に「看護実習(事前指導)」と「看護実習(事後指導)」を履修することも可能ですが、まずは「看護実習(事前指導)」のみを登録してください。「看護実習(事前指導)」にご出席頂いた方に、別途「看護実習(事後指導)」スクーリングへの出席のご希望をお伺いします。

心理学基礎実験Ⅰを登録するには

「心理学概論」・「心理統計学ⅡS」 を単位修得済である必要があります。


心理学基礎実験IIを登録するには

心理学基礎実験Iを単位修得済であるか、あわせて登録する必要があります。

(心理学基礎実験Iの単位取得後、心理学基礎実験IIの受講が可能になります。)

ページトップへ