入学について

卒業するまでにどのくらいの年数がかかりますか?

学修の進め方は個々の学生の事情によって大きく左右されます。それでも本学では約7割の学生が最短年限で卒業しています。

卒業率を教えてください。

本学心身健康科学科の卒業率は、通信制大学の中でもトップクラスの約80%となっています(文部科学省学校基本調査に基づく4年次在学者卒業率:全国平均は約22%)。

他の通信制大学(大学通信教育課程)の平均卒業率に比べ、際立って高い卒業率を達成している理由は、入学される方の学修意欲の高さが第一ですが、担任制といった学修サポート体制の充実、なかなか休みが取れない人のための「インターネット授業」や「インターネット試験」といったIT環境の整備によるものと思われます。是非ご自身の目で確かめてください。

あわせて「卒業率8割の理由」もご参照ください。

正科生と科目等履修生とでは何が違うのですか?

正科生とは、大学の正規の教育課程にしたがって、大学卒業資格、学士の学位の取得をめざす学生です。入学するには、大学入学資格が必要となります。本学では、必要な単位を正科生として修得することで、養護教諭一種の教員免許や、認定心理士などの資格・称号を取得することもできます。

一方、科目等履修生は、自身の関心に基づいて、学びたい科目だけを自由に選択して履修する学生です。大学卒業資格、学士の学位は得られませんが、満18歳以上であれば誰でも入学することができます。在籍期間は半期(半年)です。ただし、履修証明プログラムや学士申請プログラムは科目等履修生の一種となっていますが、年間カリキュラムとなるため在籍期間は1年となります。

なお、科目等履修生として修得した単位は、後に本学の正科生へ入学した際、卒業に必要な単位として認定されます。

編入学の制度はありますか?

はい。一定の要件を満たした専門学校や短大などを卒業(修了)した方であれば、出身校の学部・学科・専攻・課程を問わず、3年次への編入学ができます。美容専門課程でも英文科でも構いません。

その場合、既に修得した単位のうち62単位が、本学の卒業に必要な単位として認定され、卒業所要単位(124単位)から免除され、最短2年での卒業が可能となります(本学の3年次編入学生の卒業率は約7割、平均在籍期間は2.33年です)。また、本学の科目等履修生として修得した単位は、この62単位とは別枠で、全て認定されます。

詳しい入学条件は入学案内(募集要項)の「3年次編入学」をご覧ください。

入学資格について教えてください。

正科生1年次入学の場合、高等学校の卒業、または、高等学校卒業程度認定試験の合格、本学による認定などが入学資格となっています。外国の高校を卒業した方でも入学できる可能性がありますので、事前に本学へご相談ください。

(Tel 048-749-6885 土曜・日曜・祝日を除く12:00〜17:00)

科目等履修生の場合、満18歳以上であることが必要です。

学士申請プログラムでは対応した国家資格が必要となります。

入学資格は各コースによって大きく異なりますので、詳しくは以下の入学案内(募集要項)の「入学資格」でご確認ください。いずれも年齢の上限はありません。

高校中退なのですが、大学に入学できますか?

可能です。本学には、大学入学資格を持っていない方が、本学心身健康科学科正科生(1年次入学)の入学資格を取得できるプログラムがあります。プログラムを修了して本学へ入学し、必要な単位を修得することで、大学卒業資格、学士の学位を取得することができます。詳しくは入学案内(募集要項)の「科目等履修生」をご覧ください。

障がいがある場合でも入学できますか?

原則として可能ですが、障がいに応じた条件がありますので、必ず出願前にご相談ください(TEL:048-749-6885)。

海外の大学(または短大)を卒業しました。編入はできますか?

所定の書類を提出していただき書類選考を行ないます。事前に事務局までご相談ください。その際、卒業した学校の学校案内や卒業証明書のコピー等を見せていただく場合があります。

看護学校を卒業したのですが、3年次編入学はできますか?

卒業した看護学校が専修学校専門課程(専門学校)や高等専門学校であれば編入学が可能です。専修学校一般課程・高等課程の場合は原則として編入学はできません。

ただし、専修学校専門課程の修了者であっても、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上などの条件があります。詳しくは入学案内(募集要項)にある3年次編入学の「入学資格」をご覧ください。

入学できるのは4月だけですか?

入学時期は年に2回あります。正科生の場合、4月入学(前期)生は12月中旬から4月中旬まで、10月入学(後期)生は7月中旬から10月中旬まで、それぞれ出願を受け付けています。詳しい出願日程については、入学案内(募集要項)の「出願受付期間」をご覧ください。

入学試験はありますか?

入学者の選考に際して、学力試験(学科試験・筆記試験)は課していません。書類選考のみとなります。

入学に必要な書類は何ですか?

必要な証明書類は入学コース(履修方法)によって大きく異なります。詳しくは入学案内および募集要項(ホームページの電子パンフレット)にてご確認ください。

心身健康科学科では入学志願書などの郵送による発送はしておりません。ホームページからプリントアウトしてください。

なお、正科生を希望する場合は、高等学校の卒業証明書(卒業証書ではありません)などが必要となります。

卒業(修了)した学校が廃校になっており、証明書が入手できません。

母校が所在した都道府県庁の私立専修学校担当課等にお問い合わせください。記録を引き継いで証明書を発行している団体を教えてくれます。

専門学校とのダブルスクールは可能ですか?

本学では多くの学生がダブルスクール(大学併修制度)で学んでいます。

ただし、専門学校によってはダブルスクールを許可しない場合もありますので、必ず在籍する専門学校に確認してください。

なお、本学と教育交流の提携を結んでいる専門学校(詳しくはこちら)へ入学すれば、ダブルスクールをした際に単位の互換が可能となるばかりか、奨励金の制度やスクーリングでも便宜を受けられるなど、卒業(大卒資格取得)までの負担が大幅に軽減されます。

海外に在住していますが、入学・卒業はできますか?

可能です。本学の場合、単位修得試験をはじめ、スクーリング単位の履修、リポートの提出、教職員との連絡など、多くがインターネット上で行なえますので、実際に海外に在住しながら本学を卒業した人が何人もいます。

ただし、郵送物につきましては日本国内の保証人の方への送付となり、保証人の方からご本人へと転送していただきます。

費用(入学金や授業料)はどのくらいかかりますか?

正科生1年次入学の場合、入学料は3万円(初年度のみ)、授業料(教育費)は28万円(年額)です。

添削料、スクーリング受講料、科目修了試験(単位修得試験)の受験料・採点料、卒業研究(卒業論文)の個別指導料・審査料、担任や教科担当教員による学習指導料、卒業試験料、在籍料、教育充実費、施設維持費等は授業料に含まれています。この授業料で、毎年最大48単位まで履修することができます。スクーリングの再受講や、科目修了試験の再受験に際しても、追加料金は発生しません。スクーリングや科目修了試験でキャンセルや欠席をした場合でも、費用はかかりません。

テキスト代(教材費)は受講する科目で左右されますが、おおむね年間2万5千円から3万5千円程度となっています。

通常の通信制では、スクーリング(面接授業)の単位(合計30単位以上)を修得するための交通費や宿泊費は相当な額となりますが、本学ではインターネットスクーリングを用意していますので、自宅でスクーリング単位を修得することができます。

なお、3年次編入学や養護教諭養成コースを希望される方は別途費用が必要となります。詳しくは入学案内(募集要項:正科生3年次編入学)または入学案内(募集要項:看護教員養成コース)を御覧ください。

奨学金制度はありますか?

日本学生支援機構奨学金などを扱っています。詳しくは入学案内(奨学金制度について)を御覧ください。

説明会は実施していますか?

おおむね毎週末に東京サテライト(御茶ノ水)で個別相談会を実施しています。事前の申し込みは不要です。

オープンキャンパスも開催しています。参加ご希望の方はご予約下さい。当日申し込みも可能です。

全国各地の主要都市(札幌・東京・名古屋・大阪・福岡など)で個別相談を行っています(私立大学通信教育協会の合同入学説明会に参加)。参加申込不要、時間内入退場自由です。

いずれも参加は無料です。会場や期日、開催時間の詳細は「オープンキャンパス・個別相談会」のページをご覧ください。

さらに、個別の具体的なご質問がある場合には、電話(048-749-6885 月曜・祝日を除く9:00~17:00)や電子メール(admin@human.ac.jp)での相談も受け付けています。事前にお問い合わせ頂ければ、大学での個別説明やキャンパスの見学なども承っております。どうぞお気軽にご利用ください。

入学案内の冊子資料が欲しいのですが。

ホームページの以下のページで閲覧・印刷ができます。

何年間まで大学に在籍できますか? 

正科生の場合、1年次入学生は8年間、3年次編入学生は6年間が在学年限(在学できる最長期間)となっています。いずれも休学期間(1年次 4年間、3年次 2年間)は含まれません。

なお、卒業をするには4年間(3年次編入の場合は2年間)以上の在籍が必要となります。

大学卒業(学士)の資格取得を希望していますが、通学制との違いはありますか?

本学の通信制(大学通信教育課程)は、学校教育法に基づいて文部科学省から正規の大学教育課程として認可されています。

通信制は単位の修得方法が通学制と幾つかの点で異なりますが、卒業資格は同じとなります。所定の単位を修得することで大卒の資格が得られます(学士の学位が授与されます)。

学位の種類を教えてください。

学士(人間科学)となります。

なお、一定の要件のもと、ご自身で看護学、保健衛生学(理学療法学・作業療法学)、栄養学、鍼灸学の学士を「(独)大学改革支援・学位授与機構」へ申請することも可能です。詳しくは「資格・称号一覧」をご覧ください。

卒業見込みによる出願はできますか?

可能です。「卒業見込み証明書」を提出していただいた後、卒業後に改めて「卒業証明書」を提出していただきます。

募集定員は何人ですか?

正科生は、前期生と後期生を合わせて500名です。

1年次入学する場合の単位認定について教えてください。

すでに大学や短大、高等専門学校、専門学校などを卒業(修了)している場合には、60単位(内スクーリング14単位)を上限として、修得済みの単位を個別に審査して認定します。

中途退学した場合でも、個別認定が可能な場合があります。

なお、過去に本学に在籍して修得した単位は、上記認定単位数の上限とは別枠で、すべて認定されます。

認定区分や必要な証明書など詳細は入学案内(募集要項)の「既修得単位の認定」をご覧ください。

学費の分納はできますか?

分納制度はありませんが、納入時期は合格通知書が到着してから約1週間後ですから、若干余裕があります。

ページトップへ