看護教員養成コース募集要項

  • 看護教員養成コースについてはこちらをごらんください。

看護教員養成プログラム 受講資格

【看護教員養成コース 3年次編入学の方の場合】

次のⅠ〜Ⅲの全てに該当する者 (※他の大学または大学院の正規の課程に在籍する方は入学不可)
  1. 看護師又は保健師として5年以上(入学時までに60ヵ月以上、見込を含む)業務に従事した者であり、本コースを修了後看護教育に従事する意志がある者(看護師・准看護師・保健師養成所の専任教員や看護学実習での実習指導者を目指す方)
  2. 次の1~3のいずれかを修了している者
    1. 短期大学もしくは大学(看護学部・学科以外の分野でも可)
    2. 看護師養成所もしくは保健師養成所で、かつ専修学校専門課程の認可を受けている養成所
      2. が該当する場合、卒業の時点で以下 i 及び ii に該当すること
      1. 修業年限が2年以上である
      2. 課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上である
    3. 高等学校専攻科
      文部科学省が定める「高等学校の専攻科のうちその課程を修了した者が大学に編入学することができるものの課程の基準」に該当する高等学校専攻科
  3. 受講要件確認書「様式K4」記載の受講要件を全て満たしていること

【本学正科生の場合】

受講時に3年次・4年次の者。
注:3年次編入学生と本学正科生の志願者から入学選考をします(定員40名)

卒業、資格取得までのプロセス

卒業、資格取得までのプロセス
3年次編入学(4月入学)の場合
※3年次以上の正科生の場合は卒業までに①、②のプロセス。
卒業要件は124単位以上です。
下矢印
看護教員養成プログラムを履修
看護教員養成プログラム 36単位
看護教員養成プログラムは3年次開講(1年間で履修)
看護師養成所(3年課程)または保健師養成所での看護教育実習2単位を含みます。
下矢印
修了証交付
看護師・准看護師養成所または保健師養成所の
専任教員として必要な研修の終了
修了証の交付は、看護教員養成プログラム(3年次の1年間で履修)を修了した3年次末の3月になります。
他、履修証明プログラムの履修証明書も付与されます。
下矢印
卒業までに73単位以上履修
看護教員養成プログラム36単位の他に37単位以上
下矢印
卒業 学士(人間科学)取得
卒業後に大学改革支援・学位授与機構へ学士(看護学)を申請するためには、基礎資格を有し、選択科目において所定の単位を取得する必要があります。
看護師・准看護師・保健師養成所の「専任教員として必要な研修」とは?
次の3つの研修が該当します
(1)厚生労働省が認定した専任教員養成講習会(旧厚生省が委託実施したもの及び厚生労働省が認定した看護教員養成講習会を含む)
(2)旧厚生労働省看護研修研究センターの看護教員養成課程
(3)国立保健医療科学院の専攻課程(平成14年度及び平成15年度旧国立公衆衛生院の専攻課程看護コースを含む)及び専門課程地域保健福祉分野(平成16年度)
 本学の看護教員養成コースの 「看護教員養成プログラム」は、例年①の専任教員養成講習会として、厚生労働省へ認定申請しております。

募集要項、出願書類

WEB出願は終了いたしました。

募集定員

人間科学部 心身健康科学科 看護教員養成コース 40人 (3年次編入学生と本学正科生の志願者から選考をします)

出願受付期間

2016年度の出願期間は下記の通りです。

インターネット出願期間 平成28年12月1日(木) ~ 平成29年1月25日(水)
必要書類受付期間(郵送) 平成28年12月1日(木) ~ 平成29年2月2日(木)

※Web(インターネット)出願後、必要書類は10日以内(1月23日以降のWeb出願者は受付期間内)に本学へ届くように郵送してください。
※必要書類を持参する場合は、平成29年2月2日(木)17:00まで受付します(蓮田キャンパスのみ)。
※平成28年12月28日(水)~平成29年1月9日(月)は、各種問い合わせ及び必要書類の受付は行っておりません(Web出願及び必要書類の郵送は可)。

出願に関して


心身健康科学科(通信制)の出願は、WEB出願(インターネットからの出願)となります。上記出願期間中にホームページのトップページ、および心身健康科学科のトップページにWEB出願用特設サイトへのバナーを掲出いたしますので、画面に表示される項目に沿ってご入力いただき、検定料をお支払い後、証明書等必要書類を送付していただきます。

入学選考

入学者の選考は、書類選考により行います。

修業年限

2年(在学年限は最長4年まで)

学費

・入学検定料 10,000円

・学費

入学料
(初年度のみ)
編入料
(初年度のみ)
コース登録料
(初年度のみ)
授業料
(年額)
システム管理・維持費
(年額)
初年度合計
30,000円 100,000円 230,000円 280,000円 10,000円 650,000円

  入学志願書受付期間 入学時期
第1期 12月15日(木) ~ 3月3日(土) 4月1日付
第2期 3月6日(火) ~ 4月7日(土)
第3期 4月10日(火) ~ 4月30日(月)
第4期 5月1日(火) ~ 5月15日(火)

授業料は、添削指導料、科目修了試験受験料、スクーリング受講料等込の料金です。
パソコン(通信費)・テキスト・参考書・資料及びスクーリングや実習に関わる経費(交通費や宿泊費)、保険代等の費用は別途必要となります。
4年次は授業料(年額280,000円)とシステム管理・維持費(年額10,000円)の納入となります(テキスト代等は別途)。
※ 授業料とシステム管理・維持費は半期ごとの納入となります。

教育訓練給付制度について

本学の「看護教員養成プログラム」は厚生労働大臣の専門実践教育訓練給付制度講座に指定されています。
受給申請には、受講開始日4月1日の1か月前までに行う受講前手続きが必要です。
受給資格の有無、申請方法、必要書類等の詳細につきましては、ハローワークへ直接お問い合わせ頂くか、ハローワークインターネットサービス(https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_education.html)でご確認ください。

受給資格

初めて教育訓練給付を受ける場合

受講開始日前までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有し、在職中または離職後1年以内の方

過去に教育訓練給付を受けたことがある場合

前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までに、通算して10年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方。

給付金

本プログラムを受給している間、修了した場合、下記の額がハローワークから支給されます。

受講中の給付金

受講者が支払った教育訓練経費のうち、40%(年間上限32万円)

修了後の給付金

受講修了日から一年以内に資格取得等し、被保険者として雇用された又は雇用されている等の場合には20%を追加支給(合計60%、年間上限48万円)
看護教員養成プログラム教育訓練経費と給付額
■教育訓練費
内訳 前期 後期 年間合計
入学料 ¥30,000 ¥0 ¥30,000
コース登録料 ¥230,000 ¥0 ¥230,000
授業料 ¥140,000 ¥140,000 ¥280,000
システム管理・維持費 ¥5,000 ¥5,000 ¥10,000
合計 ¥405,000 ¥145,000 ¥550,000
■給付額
給付時期 給付対象額 給付率 給付額
受講開始〜6か月 ¥405,000 40% ¥162,000(1)
次の6か月 ¥145,000 40% ¥58,000(2)
受講終了後 ¥550,000 20% ¥110,000
合計 ¥330,000
受講中の給付金 (1)+(2)= ¥220,000

明示書の公開

「教育訓練給付金の対象となる教育訓練指定基準」2の(9)に基づき、「明示書」を次の通り公開します。

奨学金制度について

奨学金制度についてはこちら

既修得単位の認定

入学時に、他の大学等で既に修得した単位が本学の卒業に必要な単位として62単位が認定され、卒業要件単位の124単位から免除されます。

既修得単位の認定単位数の上限

62単位(内スクーリング 14単位含む)

学生募集要項(電子パンフレット)閲覧はこちらから

※学生募集要項は印刷物は用意しておりません。電子パンフレットを閲覧ください。

ページトップへ