ヘルスフードサイエンス学科の特徴

【総合的な人間理解】「こころ」×「からだ」で本当のおいしいを目指す!

人間の総合的な理解を基本に、食・栄養の観点から「生命」「健康」を科学的・統合的視点から探求する能力を身につけます。本学の「人間総合科学」を基盤に「食」と「栄養」について幅広く学び、バイオテクノロジーや生命科学の科学的基盤のもと、食育から食の安全・安心、食品・食材のリスク管理や食産業での総合マネジメントまでの総合的な知識・技術・実践力を持つ、社会に求められる人材を養成します。


食産業に必要な3つの分野と自由度の高いカリキュラム【3つの分野】を用意

刻々と変化していく食を取り巻く環境の中で現在求められている「グローバルフードビジネス分野」「ヘルスフードサイエンス分野」「フードマネジメント分野」の3つの分野の総合的な知識を学んだ上で、幅広く総合的な知識を身につけることも、興味のある分野を深く学ぶことも、自分の目標や希望の進路に合わせて自由な選択が可能です。


                              
グローバル化が進む食産業における国際基準の「食の安全・安心」の総合マネジメント・リスク管理を担う人をめざす
グローバルフードビジネス分野
食品・食品素材の開発・製造・流通などヘルスフードビジネスの分野で現代人の健康の維持増進、疾病の予防を担う人をめざす
ヘルスフードサイエンス分野
食の多様化に合わせた流通・サービスを意識し、食そのものをトータルコーディネートできる人をめざす
フードマネジメント分野

即戦力・実践力を証明できる学び

ヘルスフードサイエンス学科の学生は、第1次産業から第6次産業に係る食産業の多様な企業や組織のうち、自身の進路に応じて企業や団体を選択し、『インターンシップ』を行うことができます。 企業などでの就業体験を通して、 ヘルスフードサイエンスの意味と重要性を理解し、職業意識の形成、責任感、協業力、自律性など、社会人として自立していくための能力を身につけます。

さらに、このプログラムから自身のテーマ、問題点の抽出、問題解決のプロセスなどを考察し、その成果を「卒業研究」とすることで、社会人、職業人としての自信を高めます。(インターンシップ、卒業研究とも選択科目)

  • 1年次からはじまる企業等との連携に
    よるキャリア開発(食品開発など)
  • 一人ひとりの希望に合わせた
    インターンシップ
  • 問題解決能力を養う
    卒業研究

食産業界で活躍できる幅広い視野を持つ自立した職業人へ

社会に求められているのは「おいしい」×「ヘルシー」のプロフェッショナル!

グローバルフードビジネス分野
環太平洋経済連携協定(TPP)や自由貿易協定(FTA)など貿易の自由化が進むとともに、日本だけではなく世界の食産業が大きく変わろうとしています。また、食品偽装など食に対する問題が度々報道されるなど、「食の安心・安全」の確保は、人々の健康を維持するためにますます求められています。
ヘルスフードサイエンス分野
健康志向ブームの現在、様々な健康食品が溢れています。食品の機能性や健康との関連を科学的に示す食品・食材が「保健機能食品」として区別されているのは知っている人も多いでしょう。食品開発の産業領域では、ライフサイエンスやバイオテクノロジーなどの科学技術の進展で新しい食品・食材の機能が次々と明らかにされています。
フードマネジメント分野
物質的な豊かさ、健康志向、少子高齢化等によるライフスタイルの変化とともに、食に対する意識や価値観も変化を迎えています。食べる環境や食の流通形態の多様化、食の物質的向上など、食に対するニーズは多岐にわたり、それを取り巻く流通・サービスでは幅広い視点から食を考えることが求められています。

グローバルフードビジネス分野

目指すのはこんな食・栄養のスペシャリスト たとえばこんな 将来像 学ぶのはこんな専門科目
  • 国際基準の食品・食材の安全を担う
  • 食品機能の分析・評価をもとに総合マネジメントを行う
  • 国際基準の食品・食材の安全を担う
  • 国際基準の食品・食材の安全を担う
  • 食品リスク管理論
  • グローバルヘルスフード開発
  • 国際産学連携論
  • フードビジネス関連法規など

ヘルスフードサイエンス分野

目指すのはこんな食・栄養のスペシャリスト たとえばこんな 将来像 学ぶのはこんな専門科目
  • 食品開発、食材開発における実務を担う
  • 製造・加工、食品流通においてマネジメントを行う
  • 食産業において先端食品・食材の生産、製造、加工、開発の過程の中で科学的な視点からマネジメントを行う
  • 企業などで新製品の研究開発
  • 地域の農林水産物の付加価値や生産性の向上に関するマネジメント(食の6次産業化プロデューサー)など
  • ブレインサイエンス
  • ライフステージ栄養学
  • 応用微生物学実験
  • 栄養遺伝子学
  • 食品機能評価など

フードマネジメント分野

目指すのはこんな食・栄養のスペシャリスト たとえばこんな 将来像 学ぶのはこんな専門科目
  • 食・栄養の専門知識を持ちフードビジネス全般を担う
  • 和・洋・中の幅広いジャンルの食文化に見識をもち、「食」そのものをトータルコーディネートする
  • レストランなど飲食産業でのメニュー開発
  • 外食産業などでの総合コンサルタント
  • フードコーディネーターなど
  • 食品加工応用
  • 分子調理学
  • 食品加工貯蔵学
  • 調理学実習など

取得が目指せるこんな資格

栄養士

卒業と同時に取得

栄養士は都道府県知事の免許を受けた国家資格です。 個人または集団に対して食事や栄養の指導をしたり、献立作成や食材の発注、栄養素の計算など食事の管理をする仕事です。栄養学に基づいて、栄養バランスの取れた献立の作成や調理方法の改善等、栄養面から健康な食生活のアドバイスを行います。
食品衛生管理者

(任用資格)

卒業後、職場で取得

食の衛生管理における管理監督を職務とします。食肉、乳製品、食用油脂などを加工する企業で人材の配置が義務付けられており、食品関連の企業での活躍が見込まれます。
食品衛生監視員

(任用資格)

卒業後、職場で取得

公務員となり、職務を命ぜられたときにこの名称を使用できる任用資格です。食中毒の防止や食品衛生に指導のため、保健所を設置する自治体などに配置が義務付けられている職種です。
メディシェフ

日本医食促進協会

【全国唯一の認定学科】医療・栄養・調理に関する知識を一気通貫で学び、健康・予防・疾患に適した食を提供する人材のことです。自分で健康食レシピをつくる力、さらにはメディシェフレシピを活用した新しいサービスや商品を生み出す力まで、幅広い力を養う育成プログラムを提供して参ります。
フードサイエンティスト

食品科学教育協議会

食品加工、食品衛生、微生物など、食品学や関連技術の修得を証明する資格です。企業などでの食品の開発研究や品質管理での活躍が見込まれます。
健康食品管理士

(一社)日本食品安全協会

食と健康に関わる幅広い知識を持ち、健康食品だけではなく、食と健康の問題から食の安全・安心を広く捉えるアドバイザーとしての資格です。医療分野、健康・食品分野での活躍が見込まれます。
HACCP管理者

日本食品保存科学会

HACCPシステムとは原料の入荷から製造、出荷までの工程において予想される危険を予測し、防止するために必要なポイントを監視・記録し、異常が生じたら直ちに対策をとることができるシステムのことをいいます。このシステムを管理することができるのがHACCP管理者です。
フードスペシャリスト

(公社)日本フードスペシャリスト協会

「食」に関する総合的・体系的な知識技術を身に付け、豊かで安全かつバランスの取れた「食」を提案することができる「食」の専門職を証する資格です。
フードコーディネーター

日本フードコーディネーター協会

食品に関する幅広い専門知識や技術を身につけ、栄養や食の安全、食環境にいたるまで、食をテーマに「ヒト・モノ・コト」「情報」をトータルにプロデュース する食の専門家の資格です。
食の6次産業化プロデューサー

(レベル認定)

生産(1次産業) 加工(2次産業)流通・販売(3次産業)の一体化や連携により地域の農林水産物を活用した加工品の開発、販売、レストランの展開など食分野に おいて新たなビジネスを創出するのが食の6次産業化プロデューサーです。
NRサプリメントアドバイザー

(一社)日本臨床栄養協会

保健機能食品やサプリメントについて、専門的観点から個人個人の栄養状態を評価し、適切なアドバイスを行う認定資格です。

人間科学部 教育研究上の目的

人間科学部は、建学の精神に基づき、広く生涯を通しての学修の機会を提供し、人間理解の体系的、総合的な教育・研究を行うことにより、強い責任感と内発的動機を有して、「活力ある人間性豊かな社会」の構築と「人類の健康と幸福」の追求に貢献し得る人材を養成、輩出することを目的とします。

ヘルスフードサイエンス学科 教育研究上の目的

ヘルスフードサイエンス学科では、人間の総合的・科学的な理解と「食・栄養」について幅広く学び、食の安全・安心、リスク管理と国際的な食のマネジメントの総合的な知識と技術を身につけた人材を養成することを目的とします。

人間科学部 カリキュラムポリシー

人間科学部・通学課程では、ディプロマ・ポリシーに揚げる知識、技能を修得させるために、全学共通のコア科目を配置した「基礎分野」、専門家として高度な知識、技術の修得や人間理解の力を養う科目を設置した「専門基礎分野」および、「専門分野」、その他必要とする科目を体系的に編成し、以下のように学科の特色を活かした教育内容、教育方法、評価について定めます。

1. 教育内容
 基礎分野では、全学共通の「コア科目」を中心に医療人に必要な「からだ」「文化」「食」の基礎を学び、併せて専門職に求められる「コミュニケーション力」と「キャリアへの意識」を育みます。
 専門基礎分野では、専門職として必要とされる心身の仕組みやメカニズム、食・栄養について学修します。
 専門分野では、専門職として通用する専門知識・技術、および態度を深めます。
2. 教育方法
 科目を「講義」「演習」「実験・実習」の三形態に分け、「知識・技術・態度」を学びます。
 主体的な自学自習の促進のために「グループ学習」の技法を修得、また積極的に「アクティブラーニング」を導入します。
 「知識・技能・態度」の統合化を目指して「総合演習」を行います。
3. 評価
 ディプロマ・ポリシーに掲げられた「知識・技能・態度・志向性」等を評価するために「講義科目」「演習科目」「実験・実習科目」において適宜、筆記試験、実技試験、課題レポートを課し評価します。

ヘルスフードサイエンス学科 カリキュラムポリシー

ヘルスフードサイエンス学科では、その教育目的達成のための教育課程として、①人間を学際的に総合して科学的に探究するための、全学科共通の「コア科目」群を配置した『基礎分野』の他、②「食品・栄養の基礎」「人間理解の基礎」を科学的に学ぶ『専門基礎分野』、③学生の進路ごとに3専攻(「グローバルフードビジネス分野」「ヘルスフードサイエンス分野」「フードマネジメント分野」)を配した『専門分野』の、体系的なカリキュラム編成となっています。
特に『専門分野』では、「学生が将来の進路に沿って「必修」「選択」「選択必修」を系統的に学ぶこと」で、下記のような「幅広い職業人」となるよう工夫がなされています。

1. グローバルフードビジネス分野
国際基準の食のリスク・安全管理の分野で活躍する人材養成のための教育プログラムを提供します。
2. ヘルスフードサイエンス分野
先端食品・食品素材の開発・製造・流通などヘルスフードサイエンスの分野で活躍する人材育成のためのプログラムを提供します。
3. フードマネジメント分野
フードビジネスにおいて、食のトータルコーディネートを行う実践力として、料理・調理の専門技術から、和食・洋食・中華など幅広いジャンルの食文化や地域特性や食環境などを考慮して、食のビジネスを推進するためのプログラムを提供します。

人間科学部 ディプロマポリシー

人間科学部・通学課程では、所定の課程を修了することに加え、以下の要件を満たす者に学位を授与します。

1. 知識・技能
専門職としての十分な知識と技能を担保し、かつ、統合的な人間理解の上で、他者への思いやりの態度を持ち、また関連職種と協働できるコミュニケーションスキルを有しています。
2. 態度・志向性
倫理的考えを持ち、専門職に携わる人として望ましい基本的姿勢を有し、かつ、自らの学習成果を、社会に還元しようとする積極性を有しています。
3. 総合的な学習経験と創造的思考力
自らの学修成果を生かし生涯にわたって主体的な自己学習力を持ち具体的かつ現実的な計画を立案し、指導的立場で健康社会への貢献、国際社会へ寄与しようとする意欲を有しています。

ヘルスフードサイエンス学科 ディプロマポリシー

ヘルスフードサイエンス学科では、「こころ」「からだ」「文化」の側面から人間を総合的に理解し、「自立と共生」「創造力と人間性」という教育理念に即した以下に掲げる能力を持った学生に学位を授与します。

1. 人間と社会の諸側面について学際的・総合的で幅広い知識を身につけている。
2. 「食」が身体の健康だけではなく心理的・社会的・文化的側面と密接に関わっていることを理解している。(知識・理解・態度)
3. 現代社会で活躍できる専門知識と技能を身に付けており、保健・医療・福祉・介護・教育などの分野における「栄養・食」の支援ができる。(知識・汎用的技能)
4. 食と栄養のゼネラリストとして、多様な職種、地域の人々との円滑な連携の中で力を発揮できる専門知識とコミュニケーション能力を身に付けている。(汎用的技能)
5. 変容する社会における多様な健康問題に対応すべく生涯学び続ける意思をもち、栄養学の発展に寄与することができる。(態度・志向性)
6. 学生の進路に応じて下記の専門分野について十分な理解を得ている。
「グローバルフードビジネス分野」「ヘルスフードサイエンス分野」「フードマネジメント分野」

基礎分野 19単位以上
専門基礎分野 11単位以上
専門分野 8単位以上
合計 130単位以上

ページトップへ