ファカルティ・ディベロップメント(FD)

FD推進委員会 委員長 挨拶

平成17年1月28日の中央教育審議会答申「我が国の高等教育の将来像」において、ファカルティ・ディベロップメント(FD)とは、「教員が授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取組の総称」とされています。本学では、FDの一環として開学当初より授業改善のためのアンケートを実施し、授業の質の向上を図って参りました。


本学では平成19年度に新たに「FD推進室」を設置し、組織的なFD活動を明確化致しました。その後、平成23年度の保健医療学部の新設に伴い、「FD推進委員会」へと改編致しました。学生による授業アンケート、教員相互による授業参観の他、FDに関する全体研修会などを定期的に実施して、教員の資質向上に努めております。また、平成23年には、東日本地域の大学・短大・高専の授業改善を推進するために設立された「FDネットワークつばさ」にも加盟致しました。本学のFDにつきましては、その活動状況を「FD推進委員会 News Letter」を発行し公開しております。


アメリカで生まれたFD(ファカルティ・ディベロップメント)という語は、教員個人と組織における研究・教育機能の開発といった事柄を中核的な概念としていますが、実際にはかなり多義的に用いられている用語です。このFDに関して、文部科学大臣の諮問機関である中央教育審議会・大学分科会は、上記のように、「教員が授業内容・方法を改善し、向上させるための組織的な取組の総称」と定義しています。具体的には、新任教員への研修、学生による授業評価アンケート、教員相互による授業参観、各種の研修会、FD推進センターの設置など、重要な柱となるいくつかの活動があります。


大学全入時代を迎えつつある昨今、大競争時代の渦中にある大学業界においては、ほとんどの大学が何らかの形でFDを実施していることは、周知の事実であります。とりわけ、収入の多くを学生からの授業料に依存している私立大学においては、自らの存続に関する危機感とも相まって、全学をあげて強力にFDを推進しています。


従来、授業の改善に関しては、教員個人の努力・工夫にゆだねられていましたが、それだけでは限界もありますし、十分とは言えません。大学全体として、組織的に教員の授業改善の努力・工夫を支援することが必要です。これまで外部評価という風土がなかった大学業界においては、学生による授業評価アンケートや教員相互の授業参観というと、教員の側からはその妥当性に対する疑問の声があがったものですが、大学の教育力を回復するためにも、多様な視点からの自己点検が不可欠となっています。


このような事情を踏まえ、本学におきましても全教職員が一丸となってFDに取り組んでおります。今後さらに組織的に実施し、実効性のあるものとするとともに、大学全体の教育力の質的向上を目指して参ります。


本学のFDに関しまして、ご意見・ご要望等がありましたら、FD推進委員会までお寄せくださいますよう、お願い致します。

授業評価アンケートの集計結果の公表について

 本学では、教育の質の向上を目的とし、FD(Faculty Development:ファカルティ・ディベロプメント)活動の一環として、平成12年の開学当初から、学生による授業評価アンケートを実施しています。授業評価アンケートは、個々の授業の改善のための資料として、また、大学全体としての授業改善の前提となる教育評価の基礎資料として、活用されています。集計結果は、それぞれの授業の担当教員にフィードバックして授業改善に役立ててもらうとともに、それに基づいて、毎年度、初回の授業において、教員が学生に対して改善点を報告するなどしてフィードバックを行ってきました。
 このたび、平成27年度前期の授業評価アンケートの集計結果より、本学の教育活動を評価する基礎資料として、学内外に公表することに致しました。学外の関係者の方には本学の教育活動の一端をご理解頂くために、集計結果の概要を公表することに致しました。以下のような質問項目に関して、学科・専攻ごとに全体の集計結果を記載しております。
 なお、本学の学生は科目ごとの集計結果をUHAS@Myキャンパス(在学生用ポータルサイト)で閲覧することができます。

アンケート項目(通学制)

1- 1 教員の声量や話す速度は良かったですか
1- 2 教員は熱意を持って授業に取り組んでいたと思いますか
1- 3 教員はみなさんの理解度・反応を意識しながら授業を行っていましたか
1- 4 授業は質問しやすい雰囲気でしたか
1- 5 教員は授業について、創意工夫をしていたと思いますか
1- 6 使用した教材(配布資料、提示資料など)はわかりやすかったですか
1- 7 使用した教科書は適切でしたか
1- 8 シラバスに授業の目標や授業計画は具体的に示されていましたか
1- 9 シラバスに成績評価基準と評価方法は具体的に示されていましたか
1-10 担当教員からシラバスについて説明がありましたか
1-11 授業はシラバスに沿って行われましたか
1-12 この科目について理解が深まりましたか
1-13 教員は教室内の勉学の環境を良好に保つよう、配慮していましたか
1-14 授業内容はわかりやすかったですか
1-15 あなたはこの授業を履修してよかったと思いますか
1-16 この授業を受講してあなたの人間理解は深まりましたか
2- 1 この授業のシラバスを事前によく読みましたか
2- 2 授業に際して毎回、事前学習を行いましたか
2- 3 毎回、授業の復習を行いましたか
2- 4 この授業を真剣な態度で受講しましたか
2- 5 この授業を何回欠席しましたか(通学制のみ)

質問の回答は、以下の5段回での回答です。

:強くそう思う :そう思う :普通 :そう思わない :全くそう思わない
(※2-5のみ、:0回 :1回 :2回 :3回 :4回以上)

学科・専攻別アンケート集計平均値(No.1-1~1-16)

人間科学部 保健医療学部
心身健康科学科 健康栄養学科 看護学科 リハビリテーション学科
理学療法学専攻 義肢装具学専攻
4.4 3.9 4.3 4.4 4.3

自己点検・評価

自己点検評価書

ページトップへ