大学の組織

人間総合科学大学

人間科学部

心身健康科学科(通信制)

 学士(人間科学)

ヘルスフードサイエンス学科(通学制)

 学士(食品健康科学)

健康栄養学科(管理栄養士養成課程 通学制)

 学士(健康栄養学)

保健医療学部

看護学科(保健師・看護師養成課程 通学制)

 学士(看護学)

リハビリテーション学科理学療法学専攻(理学療法士養成課程 通学制)

 学士(理学療法学)

リハビリテーション学科義肢装具学専攻(義肢装具士養成課程 通学制)

 学士(義肢装具学)

人間総合科学大学 大学院

人間総合科学研究科

心身健康科学専攻【修士課程・博士後期課程】(通信制)

臨床心理学専攻【修士課程】(通信制)

健康栄養科学専攻【修士課程】(通学制)

人間総合科学 心身健康科学研究所

人間総合科学 心身健康科学研究所

日本心身健康科学会

日本心身健康科学会

開学から現在まで

 人間総合科学大学 人間科学部 心身健康科学科(通信制)は、2000年(平成12年)4月に私学では初の通信制の大学として開学しました。本大学では、「人間」に関わる専門化・細分化された学問を、人間を中心軸に置き、「こころ」・「からだ」・「文化」の側面から学際的・総合的にアプローチしています。

このような新たな視座に立ち人間を探求する学修機会を提供することで、人間の抱える今日的問題を理解・考察する能力を養い、それを基に、生涯を通じて自学自習を推進する自己教育力を高め、高い自己責任と強い内発的動機のもと、「活力ある人間性豊かな社会」の構築に貢献し得る人材を養成・輩出することを目的とし、かつ、最先端の情報通信ツールを採り入れ、「いつでも、どこでも学修できる」環境を提供しています。

 2004年(平成16年)4月には、諸分野にわたる学問の学際的・統合的追究という特性に鑑み、学部教育だけではなく、より深い専門的知識を教授・探究するため、大学院人間総合科学研究科心身健康科学専攻(修士課程/通信制)を開設し、「心身健康科学」の研究領域における教育・研究を実施しています。

 2007年(平成19年)4月には、博士後期課程(通信制)を開設し、心身健康科学領域の独創的な価値を創出できる研究者を育成しています。

 また、2005年(平成17年)4月には、食を通して人間性の開発と健康増進を目途として、人間科学部に健康栄養学科(通学制)を増設しました。

 2005年(平成17年)2月に、「人間総合科学会」(現:日本心身健康科学会)を立ち上げ、学外にも広く門戸を開き、会員同士による研究・教育・知識の交換、研究会等での相互連絡により、人間総合科学の普及と発展を目指しています。

 2011年(平成23年)4月には、総合的かつ科学的な人間理解に基礎をおき、高い専門性と共に、新しい時代の求める多様なスキルを持った医療職者の養成をめざして、人間総合科学大学・保健医療学部「看護学科」・「リハビリテーション学科 理学療法学専攻」・「リハビリテーション学科 義肢装具学専攻」を開設しました。

 2013年、早稲田医療学園は、学園創立60周年を迎えました。

 2016年(平成28年)4月、大学院人間総合科学研究科臨床心理学専攻(修士課程/通信制)を開設しました。

 2017年(平成29年)4月、人間科学部ヘルスフードサイエンス学科(通学制)を開設します。

ページトップへ