岩槻キャンパス

東武野田線岩槻駅からバス4分もしくは徒歩14分。保健医療学部 看護学科、リハビリテーション学科(理学療法学専攻、義肢装具学専攻)が開設されている。

本館

学生ホール(1F)

休憩、ランチ、グループ学習などで活用できる広い学生ホールです。

図書館(1F)

本を借りる以外にも、図書館での自習をおすすめします。

基礎・成人実習室(3F)

看護学科の授業で病室での患者さん対応を実習します。

機能訓練室(2F)

様々なリハビリができるよう各種マシンや訓練機器を備えています。

学生ラウンジ(2F)

各フロアには休憩や自習に利用できるラウンジがあります。

小児実習室(3F)

小児実習室です。

講堂兼体育館(3F)

講演会やイベント時にはホールとして使われる体育館です。

高齢者・地域在宅実習室(3F)

バス・トイレなどを備えた、在宅ケア技術を学ぶ実習室です。

治療室(2F)

理学療法の様々な治療法実習が実践できます。

評価測定室(2F)

身体機能を測定しながらリハビリの成果を研究します。

製作室(2F)

採寸した型から装具を加工したり、装具の機能を調整を行います。

機械室(1F)

義肢装具学専攻の授業で義足や義手等はじめ装具を加工します。

パソコン教室(2F)

常時インターネットに接続している最新のPCが設置されています。

2011年4月、岩槻キャンパスは全面リニューアルを行い、きれいな学び舎となってみなさんをお迎えしています。

最新の施設・設備や憩いのスペースを用意し、学生一人ひとりの大学生活を支えます。

校舎内のオブジェ

岩槻キャンパスでも中島画伯のアートに出会うことができます。

運動広場(RF)

広い屋上には2つの広場があり、リフレッシュできる場所として開放しています。

テラス(1F)

学生ホールに面した、静かなウッドテラスです。

本学施設の耐震化率は100%です。

※耐震化率の算出方法、
(分母)調査対象施設の延床面積合計
(分子)(1)または(2)に該当する建物の延床面積の合計
(1)新築年月日が1981年7月1日以降の建物
(2)新築年月日が1981年6月30日以前の建物のうち、耐震診断を実施済みで、耐震性能を有しているあるいは耐震補強済みの建物

ページトップへ