入試情報:受験上の注意事項

受験上の注意事項

1.入試に関するお問い合わせ先

人間総合科学大学 アドミッションセンター

 TEL:048-749-6120(9:00~17:00)

 蓮田キャンパス

  〒339-8539

  埼玉県さいたま市岩槻区馬込1288(祝日、年末年始は休み)

2.出願について

大学への出願方法は、郵送か窓口(上記の蓮田キャンパス)に直接お持ちください。なお、窓口で出願する場合、出願期間中の土日は受付可能ですが、祝日は全館休館日となるため受付はできません。出願書類は本学所定の封筒を用い、受付期間内に提出してください。郵送出願の場合、出願期間内に必着ですので、余裕を持って送付してください。窓口出願の場合、窓口での受付時間は9:00~17:00となります。窓口出願をされる方は、出願書類・検定料を直接窓口に持参してください。

検定料が出願期間内に納入され、出願書類がすべて出願期間内に提出されたものについて受付を行います。検定料・出願書類のいずれか一方でも、期間を過ぎたり、不備がある場合には、出願を受付ません。また、一度納入した検定料や提出した出願書類は、返還いたしません。

出願期間・試験日・出願書類・受験資格などは、試験制度により異なります。よく確認のうえ、出願してください。

一般入試では、出願時に受験科目を選択します。また、第2志望の学科・専攻を希望する場合は、出願時に登録します。提出後の受験科目や第2志望学科・専攻の変更は一切できませんので、慎重に行ってください。

大学入試センター試験利用入試において第2志望の学科・専攻を希望する場合は、出願時に登録します。提出後の志望学科・専攻の変更は一切できませんので、慎重に行ってください。

一般入試またはAO入試と大学入試センター試験を併願受験する場合、志願者は各試験の試験別に出願してください(同じ願書に2つ入試方式を記入して出願することはできません)。なお、併願する一般入試またはAO入試と大学入試センター試験のうち、後から出願するものには、「高等学校の調査書」を提出する必要はありません。出願の際は、後から出願する入学志願書の「併願受験欄」に必ず○をつけてください。

入学後、出願書類の記載内容が故意に事実と反していることが判明した場合には退学を命じます。

心身に障害のある志願者についての注意事項

心身に障害があり、受験に際して特別の配慮を必要とする方や修学上特別な措置を必要とする方は、障害の種類や状態により入学後の実習等において対応ができない場合がありますので、各入試における申請期限までに「受験特別措置申請書」に必要事項を記入し、アドミッションセンターへ申請してください。この申請がなければ、特別措置の準備ができませんので、希望者は必ず申請してください。

また、入学後の修学(資格取得のために必要となる学内での実験・実習や臨地実習などを含む)との関係を考慮し、必要な場合には志願者との面談を実施することがあります。

受験に際して、普段使用している歩行保持器具(車いす・杖など)や補聴器などを使用する場合も、試験場内の座席の指定や特別措置などの関係から、必ず申請してください。

申請方法:下記の申請期限内に申請に必要な書類をアドミッションセンターへ送付してください。

(1)申請期限:受験を希望する各入試日程の出願期間開始日の10日前までに必着で郵送してください。

(2)申請に必要な書類

i)「受験特別措置申請書」

ii)「医師の診断・意見書」または「障害者手帳の写し」

受験に際する費用負担

(1)入学試験時に必要な消耗品(ルーペ等)は受験者負担となります。

(2)試験当日の介助者に関わる費用は受験者負担です(大学による介助者の紹介は行いません)

3.出願書類

入試区分 入学志願書 出身高等学校
調査書※
出身高等学校
卒業証明書
エントリー
シート
推薦書 一般推薦入試
志願理由書
大学入学資格
検定合格(見込)
成績証明書
AO入試        
一般推薦入試  
 ●  ●  
一般入試  
   
(該当者のみ)
大学入試
センター試験
利用入試
 
   
(該当者のみ)
社会人
特別選抜入試
 ●
   
(該当者のみ)
入試区分 高卒程度認定試験
合格(見込)
成績証明書
職務
経歴書
最終学歴の
卒業証明書
最終学歴の
成績証明書
合否通知
用封筒
AO入試        
一般推薦入試        
一般入試
(該当者のみ)
     
大学入試
センター試験
利用入試

(該当者のみ)
     
社会人
特別選抜入試

(該当者のみ)

(該当者のみ)

(該当者のみ)

※調査書については、発行責任者が厳封したもので(開封無効)、発行日から3か月以内のものに限ります(調査書の入手が不可能な場合は、その旨が記載されている証明書と卒業証明書(または卒業見込証明書)・成績証明書を提出してください)。再受験の場合は必要ありません。

4.検定料の納入について

AO入試・一般推薦入試・一般入試・社会人特別選抜とも検定料は1受験につき35,000円です(振込手数料は受験者負担になります)。

一般入試で第2志望制度を利用する場合も受験料は1受験分の受験料で第2志望の合否判定を受けることができますので、2受験分の受験料を納入する必要はありません。

大学入試センター試験利用入試の検定料は1受験につき15,000円です(振込手数料は受験生負担になります)。

第2志望制度を利用する場合も受験料は1受験分の受験料で第2志望の合否判定を受けることができますので、2受験分の受験料を納入する必要はありません。

願書受付期間の1週間前から期間内に、記入した入学志願書と検定料を金融機関に持参し、窓口から電信扱いで手続きしてください。手続き完了後、取扱金融機関領収印が押印されているか、確認してください。本学窓口にて出願する場合は、願書受付期間内に検定料を窓口で納入することもできます。

金融機関ATMで振り込む場合は、入試コード、氏名(カタカナ)を入力し(例:10ニンゲンハナコ)、振込控えを志願書裏面の入学検定料振込控え貼付け台紙の貼付欄に貼り付けて下さい。インターネットバンキングを利用して振り込みする場合は、入力・振込後に受付完了画面を印刷し、志願書に同封してください。
なお、本学窓口(蓮田キャンパスのみ)にて出願される場合は、願書受付期間内に検定料を窓口で納入することもできます。

検定料納入後、検定料領収証は各自で保管してください。(金融機関ATMおよびインターネットバンキングでの振り込みの場合は検定料領収書はありませんので、振込控えや受付完了画面をコピーして保管してください)。

入試コードは学生募集要項をご参照ください。

※納入された検定料はいかなる場合でも返還いたしませんので、あらかじめご了承ください。

5.受験票の送付について

本学ですべての出願書類を確認し受理した後、受験票に記載された住所へ送付します。

試験日までに受験票が志願者の手元に届かないと本学で判断した場合には、アドミッションセンターから本人に、電話連絡します。

本学から連絡が無く、試験日2日前までに受験票が届かない場合には、アドミッションセンターへお問い合わせください。

TEL:048-749-6120 (9:00~17:00 祝日を除く)

受験番号、受験日程、試験会場、受験科目などの変更は一切認めません。

6.試験当日の諸注意

電報業者に注意

入学試験当日に、本学や最寄駅周辺で有料にて合否の連絡をするという業者が声をかけることがあるようです。これらの業者は本学とは一切関係がありません。これらの件に関することにつきましては、本学では責任を負いかねますので、十分ご注意ください。なお、本学の合否発表は掲示および郵送通知(受験者全員)にて行っています。

試験会場は、健康栄養学科・ヘルスフードサイエンス学科は蓮田キャンパス、看護学科・リハビリテーション学科は岩槻キャンパスです。試験会場案内図をご参照ください。異なる受験会場では受験できません。また試験場間違いの場合は特別な措置は行いませんので、十分にご注意ください。

試験会場までの経路、所要時間などについては事前に確認しておいてください。下見のために試験会場の校舎内に入ることはご遠慮ください(学校見学を希望する場合は、事前にアドミッションセンターまでお申し込みください)。また、試験当日は自家用車での入構はできませんので、必ず公共交通機関をご利用ください。

当日試験会場は8:00に開場します。受付時間は8:00~9:00です。

試験会場内の掲示板で受験教室を確認し、入場してください。各時限とも、試験開始5分前までに着席してください。

試験開始時刻に遅刻した場合は、試験開始30分以内(集合時間の9:00を起点とし、9:30まで)に限り、受験を認めます。

なお、試験時間の延長はいたしません。

試験会場には、受験票を持参し、試験開始時には必ず机の上に置いてください。受験票がないと入場できません。万一受験票を忘れた場合は、試験開始前に本学係員に申し出て、受験票の再発行手続きを受けてください。

試験時間中の途中退室は原則として認められません。

昼食は、各自持参してください。上履きは必要ありません。

試験会場内での携帯電話やそれに準じた機器の使用を禁止します。所持している場合は必ず電源を切り、試験時間中の扱いに関しては試験監督の指示に従ってください。なお、携帯電話などを時計として使用することもできません。

付添者は、試験会場には入れません(本学が指定する控室にてお待ちください)。

試験当日、荒天等により公共交通機関に遅れが生じた場合は、試験開始時間を繰り下げることがあります。その場合は、本学ホームページに対応状況を掲載します。ただし、自家用車等公共交通機関を利用しない遅刻の場合は配慮しません。

7.合格発表について

入試結果については、合格発表日の10:00~17:00まで、本学各キャンパス所定の場所(健康栄養学科・ヘルスフードサイエンス学科は蓮田キャンパス、看護学科・リハビリテーション学科は岩槻キャンパス)に掲示するとともに、合否に関わらず簡易書留にて、出願時に提出された合否通知封筒を使用して送付します。また、合格発表日に発送しますので、本人に到着するのは、翌日以降となります。ただし、1科目でも受験しなかった場合には受験放棄とみなし、通知をいたしません。

合格発表と同時に補欠発表を行う場合があります。合格者の手続き状況に応じて繰上げ合格を発表します。該当者には補欠通知と、繰上げ合格の通知方法を連絡いたしますので、確認してください。

電話による合否等、入試結果に関する問い合わせには応じられません。

8.入学手続きについて

合格者には入学手続に関する書類を送付します。指定の入学手続期間内に入学手続きを完了してください。入学手続きは、学費を納入し入学手続きに必要な書類が本学に到着した時点で完了となります。したがって、学費の納入のみでは、入学手続を完了したことにはなりません。なお、指定の入学手続期間内に手続が完了しない場合は、入学の意志がないものとみなします。

9.入学許可

入学手続が完了した方には、「入学許可書」等の書類を送付します。

高等学校卒業見込で本学を受験した方で、平成30年3月末日までに高等学校などを卒業できなかった場合、大学入学資格を失うため、入学を取り消します。また、高等学校卒業程度認定試験を合格見込みで受験した方で、平成30年3月末日までに合格できなかった場合も入学許可を取り消します。

10.入学辞退について

入学手続完了後に入学を辞退する場合は、アドミッションセンターに申し出てください。本学所定の「入学辞退および納入金返還願」を送付しますので、下記の締切日までに提出してください。

◆入学辞退締切日:平成30年3月31日(土)必着◆

※AO入試および推薦入試合格者は専願のため、入学辞退はできません。

(1)

必要な書類の提出

「入学辞退および納入金返還額」に必要事項を記入し、捺印の上、本学宛てに提出してください。

(2)

納入金の返還について

納入金は、入学金を除いた金額を銀行振込により返還します(振込手数料は受験生負担となります)。

返還金の振込には本学に書類が到着後、2~3週間を要します。振込前後に通知は行いませんので、入金の確認ができない場合は、アドミッションセンターまでお問い合わせください。

11.再受験について

AO・推薦入試を含めると最大で10回の受験機会があります。最初の試験が不合格でも再挑戦が可能です。再受験する際は、「高等学校の調査書」を再提出する必要はありません。出願の際は、入学志願書の「再受験欄」に必ず○をつけてください。ただし、調査書の内容に変更が生じる場合は再提出してください(例:AO入試A日程受験の際は2年生後期までの成績しか出ておらず、その状況で提出したが、それ以降の入試受験の際には3年生前期の成績が反映されており、調査書の内容に変更が生じている場合など)。

ページトップへ